スポンサードリンク

ソニーがEOS R5に対抗する為に5000万画素8Kフルサイズミラーレスα9III?を2021年Q1に投入する?(SAR)

Pocket
LINEで送る

SONYが来年の東京2020に向けて新しいハイエンドカメラを投入するという情報がでています。
しかもしれはCanon EOS R5を潰すことを目的にしたカメラということです、、、、

So folks, at first I called this rumor bullshit because I didn’t trust the source of the info and odd timin

Via : SAR – RUMOR: Sony is going for the Canon EOS-R5
  • 最初にこの噂が出た時、α7IIIの発表と同時期という奇妙なタイミングだったこともあり信頼していなかった。
    • しかしα7SIIIの正しい情報を送ってくれた信頼出来るソースからそのカメラの情報が正しいことを確認出来た。(但し、その後に価格や画素数の情報は他の情報も出て来たが)
  • SONYは2021年第一四半期にハイエンドカメラを発表する。
  • そのカメラの名称はα9シリーズでα7シリーズでは無い。
    • α9s或いはα9IIIかは不明だ。
  • 〜5000万画素センサーが搭載されている。
  • 8K30p動画撮影でオーバーヒートが発生し無いことが確認されている。
    • その8Kモードは未だ未成熟で、8K60では無く内部記録では画質設定も制限がある。
  • 他のスペックはα7sIIIに準じる(EVF、AFなど)
  • 最低でもEOS R5よりも1500ドル高価になり(但し価格は未だ最終決定していない)4999ドル〜5499ドルあたりになりそうである。
  • SONYは明らかに EOS R5を超えるところを狙い、かつ、α7SIIIより高価にすることで、その販売を圧迫しないようなことも考慮するということだ。
  • このカメラはオリンピックで使われることも意味しており、つまりα9IIの強化した後継機ということにもなるだろう。

このカメラはα9IIIということになるのでしょうか?
そして、5000万画素、8K動画という正にEOS R5をターゲットにした戦略機ということになりそうですね。
ただそうであればα7RVという型番になっても良さそうですが、α9という名称を付けるということはそれ以外の部分もフラッグシップ機に匹敵する性能が与えられそうですね。

東京オリンピックが1年延期されたことでカメラメーカー各社は新しいロードマップや戦略も必要そうですが(おそらく)フルサイズミラーレスカメラのスペックとしては他社をリード出来る立場にあるSONYが有利かもしれません。

ただ、Canonも2021年にフラッグシップフルサイズミラーレス機を出す準備をしている、という情報も出ていますので、まずはこの2社の戦いに注目ですね!

で、Nikonも何か動きがあるのでしょうか?
こちらも楽しみです。

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α9M2 ボディ ILCE-9M2

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α9M2 ボディ ILCE-9M2

435,990円(10/29 23:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク

ソニーがEOS R5に対抗する為に5000万画素8Kフルサイズミラーレスα9III?を2021年Q1に投入する?(SAR)」への1件のフィードバック

コメントを残す