スポンサードリンク

200-800mm相当の撮影が手軽に楽しめるオリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」正式発表

Pocket
LINEで送る

オリンパスが新超望遠ズームレンズM.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 ISをプレスリリースにて発表しました。

価格は180,000円(税込198,000円)で、発売日は2020年9月11日ということです。

ペンちゃんが発表

https://twitter.com/olympuspenstyle/status/1290542990910304256?s=21

OLYMPUS Liveで発表されたようです

 

プレスリリース

「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠、200-800mm相当の幅広い焦点距離をカバーする小型・軽量超望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」を2020年9月11日から発売します。「M.ZUIKO PRO」レンズと同等の防塵・防滴性能を備え、別売の2倍テレコンバーター「M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20」との組み合わせで、最大1600mm相当の超望遠撮影を手軽にあらゆる環境下でお楽しみいただけます。

Via : OLYMPUS プレスリリース

 

プロモーションムービー(海外)

 

 

製品情報ページ

  • テレコンバーターの使用で最大1600mm相当]の超望遠撮影が可能
  • PROレンズシリーズと同等の防塵・防滴性能
  • 最短撮影距離1.3m(ズーム全域)、最大撮影倍率0.57倍相当
    • MC-14使用時で0.81倍相当
    • MC-20使用時で1.15倍相当
  • 深度合成機能にも対応
  • 絞り羽枚数 9枚 円形絞り
  • フィルターサイズ  ⌀72mm
  • サイズ  ⌀86.4×205.7mm
  • 質量 1,120g (三脚座除く)/ 1,325g (三脚座含む)

 

ということで、マイクロフォーサーズならではの気軽に持ち運べるて1600mm相当の望遠が手持ちで使えるというのは、かなり魅力的ですね!

先ほども海外でOM-D E-M10 MarkIVも発表されましたので、これらの意欲的なカメラが発売出来るということは、OLYMPUSという名称がどうなるのか判りませんが、この会社からリリースされるカメラとレンズの将来が楽しみですね!

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク

コメントを残す