スポンサードリンク

アイオーデータがほぼ全てのミラーレスカメラもWebカメラに出来る「GV-HUVC/S」を発売!UVC対応!

Pocket
LINEで送る

アイオーデータがパソコンのUSBに接続するだけで様々なカメラWebストリーミングを実現できるキャプチャデバイスGV-HUVC/Sを発売、価格は¥20,400で7月中旬出荷予定ということです。(旧製品もありますので型番はご確認ください)

製品情報ページ

「GV-HUVC/S」は、HDMI出力映像を簡単にパソコンへ取り込むことができるキャプチャーデバイスです。UVC(USB Video Class)に対応しており、本商品とHDMIケーブルで接続した一眼レフカメラやビデオカメラなどの機器は、Windows・Mac共に“カメラデバイス”として認識されますので、いろいろなHDMI映像をWebカメラのように扱うことができます。

Via:I-OData UVC対応 HDMI⇒USB変換アダプターGV-HUVC/S

主な特徴・仕様

  • UVC(USB Video Class)でWindows/Mac共にカメラデバイスとして認識される
  • 「Skype」や「Zoom」「Teams」などのWeb会議で利用可能
  • 「OBS Studio」や「XSplit」などのライブ配信用アプリケーションで利用可能
  • 接続インターフェイスUSB 3.2 Gen1(USB 3.0)Type-C ×1
  • 入力端子HDMI×1
  • エンコード方式ソフトウェアエンコード
  • 取込方式
    • 映像YUY2
    • 音声LPCM 48kHz
  • 最大記録解像度 入力1920×1080 (1080p@60fps)
  • 表示1920×1080 (1080p@60fps)
  • 電源 USBバスパワー
  • 外形寸法 約43(W)×85(D)×12(H)mm
  • 本体質量 約33g

アイオーデータ公式GV-HUVC/S 説明動画

公式ショップで予約が開始されています(旧バージョンもあるので注意して下さい)

公式ショップのIOプラザで予約が可能です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IO DATA GV-HUVC/S UVC対応HDMI⇒USB変換アダプター
価格:20108円(税込、送料無料) (2020/7/1時点)

ご存知の通り、レンズ交換式のカメラでWeb会議に接続してZoomなどのWeb会議でちょっと差を付けるというトレンドは、当初からUVCに対応していたフルサイズミラーレスのSIGMA fpが発端だったと思いますが、その後、Canon、Fujifilm、Panasonicが独自ソフトウェアを提供することで追従してきました。(SONYな方は色々工夫されているようですが)
ただ、これらのソフトウェアはWinとMacに両方対応していないものもあるという問題がありました。

更に、少し前にNikonもWeb会議に接続する方法の紹介動画をアップしましたが、これはサードパーティアプリを使うという方法なのですが有償アプリ(しかも年間払い)ということで投資が必要となっていました。

そして、今回発表されたIOデータのキャプチャデバイスGV-HUVC/SもUVCに対応していますでHDMI出力があるカメラやビデオならソフト要らずでWinもMacにも接続可能になります。

アイオーデータは以前から実況ユーザー向けに旧バージョンのHDMIキャプチャデバイス製品発売していましたが、今回は本気で(^^このようなステイホームな需要に対応させる為にしっかりアップデートされたもののようですね。

これでNikonに加え SONY、OLYMPUS、PENTAXユーザーの方も安心して愛用のカメラでZoomに参加できますね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す