スポンサードリンク -

シグマ SPP 6.7.3 がリリースされていたので早速ティールアンドオレンジでFOVEONを現像してみた

Pocket
LINEで送る

4月の初旬にSIGMAがfpに搭載されていたカラーモードのティールアンドオレンジのカラーモードをRAW現像ソフトSPP – SIGMA Photo Pro のバージョン6.7.3に搭載し4月23日のリリースを予告していました

本日予告通りダウンロード可能になっていましたので、早速私もダウンロードしてMacBool Proにインストールしてみました。

外出自粛ですので、過去にsd Quattro Hで撮影したX3FファイルをSPP6.7.3で開いて見ると、ティールアンドオレンジのカラーモードが選択できるようになっていました。

 

 

スタンダード(上の写真)とティールアンドオレンジ(下の写真)での現像の違いはこんな感じ。その他のパラメーターは触っていません。

 

SIGMA SPP 6.7.3 STANDARD

SIGMA SPP 6.7.3 Teal & Orange

SIGMA SPP 6.7.3 STANDARD

SIGMA SPP 6.7.3 Teal & Orange

これまでSIGMA fpのみ許されていたオレンジアンドティールのグレーディングがFOVEONセンサーで現像ができるのは面白いですね!

更に3点の写真と、VIVID、シネマ、FOVEONクラシックブルーでの現像結果をSIGMANIAX.comにも掲載しましたのでご覧いただければ嬉しいです。

 

ということで、できればMerrillセンサーでも現像していただけると更に嬉しいのですが、、、、

 

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す