スポンサードリンク

キヤノンのCP+2020ブースはこれまでとは異なる展示になっていた(PRONEWS)

Pocket
LINEで送る

PRONEWSがCanonのCP+2020のブースを再現するという画期的な記事をアップしています。

“毎年、CP+展示会場の中でも圧倒的な存在感のキヤノンブース。今年のCP+2020でも、新機種「EOS R5」の展示予告で話題を起こしていた。しかし、CP+の中止でEOS R5の先行展示が見られなくて残念に思っている人も多いはずだ。そこで、今年のCP+キヤノンブース出展内容について、キヤノン本社で話を聞いてみた。”
Via ‘ [再現:CP+2020]Vol.04 キヤノンはプロ向けとともにコンセプトカメラ展示を大プッシュ – PRONEWS (https://www.pronews.jp/special/20200325191925.html)

  • ファンゾーンを開設
    • コンセプトカメラを中心にフォトスポットなどを展示する
      • カメラに馴染みのない方も含めて体験して頂くゾーン。
      • 一眼レフを使わないスマートフォンが当たり前の世代や、女性へのアピールを本気になって考えていた。
      • 自由で気軽な雰囲気で、これまでのキヤノンブースらしくない。
    • 「ポケットに望遠を」マルチファンクショナルテレフォトカメラ
      • 本体は手のひらサイズ
      • 100mmと400mmの光学切り替えが可能
      • デジタルズームによる最大800mmの撮影が可能
      • スポーツ観戦やコンサートなどで便利そう
    • インテリジェントコンパクトカメラ
      • 自分だけのカメラマンのようなカメラ
      • カメラは自動に撮ってお勧めが撮れれば教えてくれる
      • 人を覚える機能、覚えた人の中から優先順位を上げて撮影してくれる
    • キッズミッションカメラなど、計5種類の展示を予定していた
  • プロフェッショナルゾーン
    • オリンピックのフィールドのデザインを再現
    • EOS-1D X Mark IIIを展示
    • 先行展示はお披露目は触れることができない形を予定していた
      • EOS R5
        • 本体前面の右側端子カバーには、「MIC」「USB」「HDMI」「ヘッドホン」
      • RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMを展示
        • 鏡胴のスイッチ類はこれまでのズームレンズと同等のもの

もしCP+2020が開催されていたらこれまでとは違うCanonブースが見れていたわけですね。
残念ですが来年は更に進化したコンセプトのブースが見てみたいです。

Nikon、Panasonic、Olympusは動画で発表予定だったコンテンツを配信しています。→こちら

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク

コメントを残す