スポンサードリンク

世界最短最軽量 キヤノンRF70-200mm F2.8 L IS USMレンズを11月21日に発売!!実売価格は?

Pocket
LINEで送る

Canonがフルサイズミラーレス用の大口径望遠ズームレンズRF70-200mm F2.8 L IS USMの発売日を11月21日に発売することをリリースしました。

プレスリリース

“キヤノンは、「EOS Rシステム」の核となる交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、プロ・ハイアマチュアユーザー向けの大口径望遠ズームレンズ”RF70-200mm F2.8 L IS USM”を2019年11月21日に発売します。”
Via ‘ キヤノン:「EOS Rシステム」の望遠ズームレンズ”RF70-200mm F2.8 L IS USM”を発売 大口径・ショートバックフォーカスにより世界最短・最軽量を実現 | キヤノンマーケティングジャパングループ企業情報 (https://canon.jp/newsrelease/2019-10/pr-rf70-200-f28l.html)

プロモーションムービー

製品情報ページ

  • フルサイズセンサー用焦点距離70-200mm開放F値2.8のレンズとして、世界最短・最軽量
  • レンズ構成 13群17枚
  • スーパーUDレンズ1枚、UDレンズ3枚、UD非球面レンズ1枚、ガラスモールド非球面レンズ1枚
  • ナノUSM採用
  • デュアルセンシングIS、補正効果が最大5段分
  • 絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離 0.7m
  • 最大撮影倍率 0.23倍(200mm時)
  • フィルター径 77mm
  • 最大径×長さ 約φ89.9×146.0mm
  • 質量 約1,070g(三脚座含まず/三脚座質量 約130g)

これまでのEF 70-200 F2.8Lより小型で軽量ということで、ミラーレスシステムのメリットを訴求出来るレンズですね。

その結果RFの大三元レンズはいずれもコンパクトに収まっていますので、カメラバッグへの納まりも良いのが特徴ですね。

サンプル画像ページ

2枚のサンプルイメージがアップされています。

実売価格は?

マップカメラさんでは税込で30.7万円弱で予約を受付られています。

 

 

これでRFの大三元レンズが揃ったということで、いよいよCanonもミラーレスをメインとしてシステム拡張することになりそうですね。

 

ちなみに、RF15-35F2.8Lも、RF24-70F2.8Lも実売価格は30.25万円ですので大三元レンズ揃えると100万円ちょいということですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Canonがフルサイズミラーレス用の大口径望遠ズームレンズRF70-200mm F2.8 L IS USMの発売日を11月21日に発売することをリリースしました。
Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す