スポンサードリンク

自分にとって理想のアクションカメラは?ジェットダイスケさんの4台撮り比べ動画が選択の参考になる

Pocket
LINEで送る

写真家でありユーチューバーでもあるジェットダイスケさんが先日発売されたDJI Osmo Actionとライバルとなるアクションカメラ合計4台の一気撮り比べ動画をアップされています。→こちらで視聴出来ます

この動画でのジェットダイスケさんのレビューを参考にさせていただくと

良い点

  • Osmo Action 自撮りとブレ補正がVログに向いている
  • GoPro HERO7 Black バランスが良い
  • SONY DSC-RX0II 画質や音声の品質が良い
  • DJI Osmo Pocket スタビライズ最強

画角は

  • GoPro>Osmo Action>RX0II>Osmo Pocket

弱点は

  • Osmo Action 音声が小さい
  • Osmo Pocket 狭い画角、音声が小さい
  • GoPro HERO7 自撮り出来無い
  • SONY RX0II 手ぶれ補正

という感じなんですね。これは参考になりました。

ジェットさんはユーチューバーやビデオブログ用として最適なアクションカメラの結論は保留(^^のようですが、旅行の記録カジュアルなSNSな方は、更にその価格面から考えるとやはりDJI Osmo Actionが良いと感じました。
ただ音声が大切な方はマイクアダプタとマイクも必要になりそうですね。

 

ちなみに、私としてはアクションカメラ選びはバイクへの車載が重要なので、他のユーチューバーの動画やレビューを見させていただきましたがDJI Osmo Actionは、、、

  • バイク車載として画角が狭い
  • 振動+傾きで手ぶれ補正がカクつく
  • 空の色がGoProのように抜けて無い

などの指摘も見受けられました。

また個人的にOsomo Actionをバイクに車載した場合

  • ロール軸方向もスタビライズしているのでバイクがバンクした後遅れて画面が急に傾くので気持ち悪い
  • GPSが付いていない

というのがネガティブな感じがしました。
なので、バイク車載用としては未だにGoPro HERO7が最強のような感じがします。

ただ、GoPro HEROもOsmo ActioもSONY FDR-X3000も共通した弱点は、ボディがそれでも大きいということです。
こちらの動画は友人のバイクに車載したGoPro HERO5 Sessionで撮影した動画です。

この時、メーターの手前左側にオフセットて取り付けましたが、メータが隠れないポジションに設置するとGoPro HERO7だとステアリングを切った時にカメラがパーツに当たってしまいました。

また、SONY FDR-X3000だと縦に長いのでライダーが伏せた時にヘルメットに接触してしまいました。
更にFDR-X3000は最短撮影距離が長いのでメーターがボヤけて、しかも空間手ぶれ補正がバイクの振動と共振してメーターが読み取れ無いほどブレてしまいました。(どうやら縦に長い形状も振動を増幅させてしまう要素かと考えらます。)

このように圧倒的にボディが小型で、広角に強く、適度なブレ補正性能、適度な画質(どうせカウル内なので)GoPro HERO5 Sessioでしか撮れないケースも未だあると思います。

なので、テール部にはリアカメラとしてHERO7 Black1軸スタビライザーにマウントし、メータ側にはフロントカメラSessionで撮影した動画を編集して友人に納品することが出来ましたw

こちらはGoPro Quickさんが楽曲に同期して自動的に編集していただいた映像です。
前半にフロントカメラ、後半にリアカメラになっていますが、できれば混ぜて編集して欲しかったですw

 

このように、現時点でのアクションカメラ選びとしてはやはり自分の用途をちゃんと決めてそれに合うカメラを選ぶしかないのかなぁと思いました。。。。

個人的な要望としては、GoPro HERO7 のSessionが登場して欲しいと思います。
でもSessionのボディに絶対に自撮りモニターは付かいのでこれはニッチ過ぎるカメラで絶対出ないですねw

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す