スポンサードリンク

DJI Osmo Action 発表!GoPro HERO7とスペック比較してみた。フロントカラー液晶でブレ補正がより凄い!価格も安い!

Pocket
LINEで送る

予告リーク情報通りDJI Osmo Actionが発表されました。
そのカタチからしてもGoProに真っ向に勝負したアクションカメラに仕上がっているようです。

プロモーション動画

キャッチフレーズの1つに「動きに特化した設計」という記述がありますので、強力な手ぶれ補正が搭載されているようですね。

製品情報ページ

 

価格と納期は?

価格は44820円ということでDJI Storeで早速予約が開始されています。

今ポチって頂くと、1〜3営業日で発送されるということです。

DJI Store - DJI Osmo Action
DJI Store – DJI Osmo Action

こちらも実売ベースでもGoPro Hero7より安い、、、

 

DJI Osmo ActionとGoPro HERO7のスペックを比較してみた

  DJI Osmo Action GoPro HERO7 Black
センサー 1/2.3インチ 1200万画素 1/2.3インチ 1200万画素
レンズ FOV 145° F2.8 FOV 149.2° F2.8
動画 4K60p 4KHDR D-Cinelike 4K60p ProTune、
スローモーション 8x 1080p/240fps 8x 1080p/240fps
最大ビットレート 100Mbps、H.264 78bps、H.265
タイムラプス OK OK
ビデオ安定化 RockSteady HyperSmooth
スクリーン カラー2.25型 16:9、フロントカラー1.4型 リアカラー2型 4:3、フロントモノクロ
タッチスクリーン リアのみ リアのみ
Wi-Fi 搭載 搭載
Bluetooth BLE4.2 BLE4.2
GPS 搭載
マイク ステレオ トリプル
マイク入力 USB-Cアダプタ アダプタ
HDMI microHDMI端子
ライブ配信 可能
ハウジング無し防水 11m 10m
音声コントロール 英語と中国語のみ 日本語対応10ヶ国語、起動可能
バッテリー 14K/60fps ブレ補正 63分
1080p/30fps 135分

4K60 45~50 分
1080p60 85~90 分

メディア microSD microSD
サイズ 65×42×35mm 62.3×44.9×33mm
質量 124g 116g
価格 44,820円 定価53,460円 実売49000円前後

 

スペックや外観はこれまでのリーク情報通りという感じですた、やはりデュアルモニターもGoPro HERO7と差別化が大きいですね。
一方でGPSやライブ配信機能など、GoProの方も優れたポイントがあります。

 

実機ハンズオン動画

DJIは多くのユーチーバーに事前に配布して発表と同時に一気に公開させていますね。

 

凄い!SONY FDR-X300よりもGoPro HERO 7より圧倒的に安定したスタビライズ処理が行われていますね!
また、DJI Osmo Actioの方は殆ど歪曲が無い画像処理が行われているのも凄いですね。(ただ、GoProの歪曲は個性とも言えますし、DJIの方が若干画角が狭くなっているますが)
さらに、DJI Osmo Actionは、ブレの安定化だけでなく、ジンバル的なスタビライズも行われていることに驚きました。
コレってDJI Osmo Pocketいらずでは?w

でここ数時間DJI Osmo Actionのハンズオン動画一気にアップされて付いて行けません。w

ttps://youtu.be/9d8JB9_cfUg

 

各メディアの記事

“1/2.3型CMOSを搭載し、有効画素数は1,200万画素。レンズの画角は145度で、明るさはF2.8。4,000×3,000ドットの静止画や、4K/60p/100Mbpsの動画撮影が可能。外形寸法は65×42×35mmで、重量は124g。写真フォーマットはJPEG/JPEG+DNG、動画はMOV、MPEG-4 AVC/H.264、microSDカードは最大256GBまで対応する。”
Via ‘ DJI、アクションカメラ「OSMO ACTION」。デュアルディスプレイ&強力手ブレ補正 – AV Watch (https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1184744.html)

“DJIは5月15日、新製品の4Kカメラ「DJI Osmo Action」を発売した。アクションカムの代表的製品であるGoPro HEROシリーズに似た筐体だが、背面だけでなく前面に1.4インチカラー液晶を搭載し、自撮りにも適している。”
Via ‘ DJI、GoProキラー4Kアクションカム「Osmo Action」発売 (https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/15/news137.html)

“ドローンやジンバル付きカメラでおなじみDJIが、とうとう「Osmo Action」にて本格アクションカメラ業界に参入しました!”
Via ‘ 前後に画面搭載! DJIの新アクションカム「OSMO Action」でフィールドに駆け出せ! | ギズモード・ジャパン (https://www.gizmodo.jp/2019/05/dji-osmo-action.html)

“GoProに似たスクエアデザインの小型カメラだが、大きな特徴としてカメラがある前面に1.4インチの液晶ディスプレイを搭載(GoProは白黒液晶)。自撮り撮影に対応する。背面にもタッチ対応の2.25インチ液晶ディスプレイを備える。”
Via ‘ DJIから“GoProキラー”登場–自撮りできるアクションカム「Osmo Action」 – CNET Japan (https://japan.cnet.com/article/35137010/)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “DJI Osmo Action 発表!GoPro HERO7とスペック比較してみた。フロントカラー液晶でブレ補正がより凄い!価格も安い!

コメントを残す