スポンサードリンク

キヤノン 年内に中級一眼レフカメラは出るのか?それより中級ミラーレスか?(CR)

Pocket
LINEで送る

先日Canonが入門一眼レフカメラEOS Kiss X10を発表しましたが、次のAPS-C中級一眼レフに関する情報をcanonrumorsがアップしました。

Canon has had a pretty busy 2019, and it looks like that’s going to continue if the latest information we’ve received is to be believe
Via : CanonRUmors : New mid-level DSLR and EOS M5 Mark II the next ILC’s from Canon? [CR1]

  • 以前2019年中に中級一眼レフカメラが出るという情報を紹介していた。
    • しかしそれはEOS 7D Mark IIIにリプレースされるということでは無い。
    • 明らかなだったのは、EOS 80Dの後継機ということだ。
  • また過去、EOS 80DとEOS 7D Mark IIが1つのボディに統合されるという噂もあった。
  • しかし現時点でAPS-Cのラインナップがどのように展開されるのかわからないが、2019年中にそれは明確になるだろう。
  • 確実に言えるのは、2019年の2番目のカメラはEOS M5の後継機ということだ。
    • このカメラは完全新設計の2400万画素センサーが採用されるだろう。
    • またEOS Mシリーズの最上位機種としてEOS M50とは大きな機能の差が設けられることになるだろう。

この記事からすると、次にEOS M5 Mark II?が発表され、年内にはEOS 80Dの後継機EOS 90D??が出るという意味でしょうか?

それとも、EOS M5の後継機は中〜上級機としてデビューし一眼レフのAPS-C上級機は無い?ということでしょうか?

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “キヤノン 年内に中級一眼レフカメラは出るのか?それより中級ミラーレスか?(CR)

  • 2019年4月13日 at 11:02 AM
    Permalink

    EOS M5 mk2 の一眼レフ版が EOS 90D(仮)だというなら、シンプルで分かりやすい話ですね。7D はプロ機であることを考えるとなくなるとは思えないのですが・・・。

    Reply
    • 2019年4月19日 at 9:29 AM
      Permalink

      オリンピックに向けてAPSーCの一眼レフがどうなるのか注目ですね。

      Reply

コメントを残す