スポンサードリンク

フジフイルムが海外で銀塩フィルム及び印画紙の大幅値上を発表

Pocket
LINEで送る

FujiaddictのサイトによればFUJIFILMがグローバルサイトで、銀塩フィルム及び印画紙の価格改定=値上げを発表したということです。

公式リリース(海外)

“FUJIFILM Corporation (President: Kenji Sukeno), the leader in photographic products, is announcing that it will implement a worldwide price revision for its photographic films and photographic papers.”
Via ‘ Fujifilm announces worldwide price revision of Photographic Film and Photographic Paper. | Fujifilm Global (http://www.fujifilm.com/news/n190225.html)

背景

過去数年間にわたり、原材料費と物流費の上昇に直面しており、徹底的な構造改革と生産設備の共同化を行うことによっていくらかのコストを吸収してきた。
しかし今回は顧客が期待する高品質の製品を提供するために、値上げを決定した。

対象商品および値上率

  • 写真フィルム:カラーネガフィルム、カラーリバーサルフィルム、クイックスナップ、コントロールストリップ
    • 値上げ幅は最低でも30%
  • 印画紙のすべて
    • 最小値上げは2桁の範囲内

値上げ日

  • 2019年4月1日から

 

値上率は何と30パーセント以上ということで、これはかなり値上になりますね。

今回の発表はワールドワイド市場ということですので日本でも値上は避けられないと思いますいったいどれくらいのインパクトになるのでしょうか?

4月からということですので、ここまで上昇するようであれば、常用されるのであれば在庫の確保されるのがよろしいかと思います。

ちなみに今なら、購入金額を1回5千円前後に調整すると某カメラ量販店での店頭PayPay支払いで20パーセントポイント加算となるので宜しいかと思います、、、、

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す