スポンサードリンク

キヤノンは第二世代のEOS Rでボディ側5軸手ブレ補正を搭載する?

Pocket
LINEで送る

CanonRumorsが、EOS Rにボディ側手ブレ補正が搭載される可能性があるという噂を掲載しました。

“We’re being told by a pretty good source that Canon will introduce 5 axis IBIS (in-body image stabilization) in the next EOS R series camera.”
via : 5 axis IBIS coming to next Canon EOS R series camera [CR2] | Canon Rumors (https://www.canonrumors.com/5-axis-ibis-coming-to-next-canon-eos-r-series-camera-cr2/)

  • 多くの人が、Canon EOS Rに最も欠けている機能の一つとしてボディ側手ブレ補正が無いということを指摘している。
    • Canonはこれまで常にレンズ側手ブレ補正はセンサ側の手ブレ補正より優れていることを主張していた。
    • 一方、我々はこれまで長い間、殆どのシーンでセンサー側システムもボディ側と同様に効果があることを確認出来ている。
    • 但し超望遠レンズの手ブレ補正については議論の余地がある。
  • 我々は今回良好なソースから、Canonは次のEOS Rシリーズカメラにボディー側5軸手ブレ補正を搭載するという情報を得た。
  • 現時点ではレンズ側と共に動作するのかは不明であるが、Canonはレンズ側との協調動作これまでより強力なパフォーマンスを発揮する方法を見つけ出すだろう。これは大きな進歩に繋がる筈だ。

フルサイズミラーレスカメラとしてボディ内手ブレ補正はSONYとNikonが実現しており、PanasonicもDual.I.S.が搭載されますので、Canon もEOS R に搭載するのは必然ということでしょうかね。

SONYはα7の第二世代で実現してましたので、Canonも同様の道を辿っていただくことを期待します!!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク




Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “キヤノンは第二世代のEOS Rでボディ側5軸手ブレ補正を搭載する?

コメントを残す