スポンサードリンク

キヤノン「自分撮りもかんたんな光学40倍モデルがさらに進化。」 PowerShot SX740 HS 発表!予約開始!実売価格は?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Canonが光学40倍ズームを搭載したコンパクトデジタルカメラ、PowerShot SX740 HSを発表しました。
発売日は8月30日ということです。

 

プレスリリース

キヤノンは、新映像エンジンDIGIC 8を搭載したコンパクトデジタルカメラ“PowerShot SX740 HS”を8月30日より発売します。
Via : キヤノン:光学40倍ズームレンズを搭載した“PowerShot SX740 HS”を発売 コンパクトデジタルカメラで初めて映像エンジンDIGIC 8を搭載

Canon PowerShot SX740 HS
Canon PowerShot SX740 HS

 

製品情報ページ

Canon PowerShot SX740 HS
Canon PowerShot SX740 HS
  • 有効画素数約2030万画素、1/2.3型 裏面照射型 CMOSセンサー
  • 新映像エンジンDIGIC 8搭載
    • ISO100-3200
  • 光学40倍ズームレンズ
    • 換算24-960mm  F3.3(W)-F6.9(T)
    • 11群13枚(両面非球面レンズ2枚、片面非球面レンズ1枚、Hi-UDレンズ1枚、UDレンズ3枚)
    • マクロ 1cm(W端)
  • プログレッシブ80倍ズーム 換算1920mm
  • シャッタースピード 15~1/3200秒
  • 5軸手ブレ補正 デュアルセンシングIS
  • 約0.05秒の高速オートフォーカスを実現
  • 連続撮影 AF追従 約7.4コマ/秒 ワンショットAF時は最高約10.0コマ/秒
  • 動画 MPEG-4 AVC/H.264
    • 4K動画撮影 3840×2160(30fps:約120Mbps)
  • 4K動画フレーム切り出し
  • 4Kタイムラプス
  • 背面液晶 チルト型(上側約180°) 3.0型・約92.2万ドットTFT
  • フレーミングアシスト搭載
  • マニュアルフォーカス対応 MFピーキング搭載
  • EOSタイプのユーザーインターフェース
  • 内蔵ストロボ
  • Wi-Fi搭載
  • Bluetooth搭載
  • USB充電対応
  • SDカード UHS-I対応
  • サイズ 110.1 × 63.8 × 39.9mm
  • 質量 撮影時約299g/本体約275g

 

プロモーションビデオ

ビデオを見るとこのPowerShot SX740 HSの訴求ポイントとしてて80倍プログレッシブズームがあるようですね。

ここ最近コンパクトデジタルカメラを超える高画質が実現出来るようになった、スマートフォンとの共存の為には高倍率ズームが重要そうですが、このようなメリットを強化しすることでCanonがコンパクトデジタルカメラを継続して開発されているのも嬉しいです。

スペックを確認して興味深いのはEOS Kiss M に続くDIGIC 8が搭載されたことで、4K30pの動画撮影が可能になりました。
そして120Mbpsとこのクラスにしては結構本気のビットレートになっているのもやはりDIGIC 8のおかげなんですね。
(ちなみに、PowerShot SX730 HSはFullHDで35Mbps)

実売価格は?

楽天等で各ショップが予約を開始しています。実売価格は税込、送料込で4.7万円強という感じです。

三星カメラさん

カメラ会館さん

カメラのキタムラさん

マップカメラさん

 

各メディアの記事

キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX740 HS」を8月30日に発売する。価格はオープン。直販価格は税別4万8,500円。カラーはシルバーとブラックの2色。
Via : キヤノン、DIGIC 8になった40倍ズーム機「PowerShot SX740 HS」 – デジカメ Watch

 

新たに4K動画撮影に対応したほか、4K動画からの静止画切り出し機能も備えた。スマホとの常時接続機能も搭載し、撮影した写真をスマホに自動で送信して保存できる。
Via : キヤノン、DIGIC 8で撮影性能を高めた「PowerShot SX740 HS」 | マイナビニュース

 

PowerShot SX740 HSは、「PowerShot SX730 HS」の後継機種。奥行約39.9mm、質量約299gの薄型・軽量ボディーに、広角24mmから望遠960mm相当の光学40倍ズームレンズとカメラ部有効画素数最大約2030万画素のCMOSセンサーを搭載。デジタルズームを進化させた「プログレッシブファインズーム」機能を搭載し、光学ズームの望遠端の2倍にあたる約1920mm相当でも高い解像感を維持したまま高倍率の撮影を行うことが可能だとしている。
Via : キヤノン、新映像エンジンDIGIC 8の搭載により基本性能が向上した光学40倍ズームレンズ搭載の「PowerShot SX740 HS」を発売 – PRONEWS

 

SXラインはG1Xなどが属するGラインの下位モデル。とくにこのシリーズは軽くて、小さくて、満月のどアップ撮影もできちゃうコンデジです。デジタルズームと合わせると80倍、1,920mm相当の画角となるし、遠くにあるシーンをつかんで手元にもってくるスキルを極めたモデルなんです。
Via : EOS Kiss Mと同じDIGIC8エンジンを積んだ「PowerShot SX740 HS」。キヤノンの960mm超望遠コンデジがアップデート | ギズモード・ジャパン

 

「プログレッシブファインズーム」と組み合わせれば、約80倍のズームが可能となっている。肉眼では見えない遠くの被写体まで拡大して鮮明に撮影ができるし、被写体に近づけない野鳥撮影のようなシーンにおいて、その性能を存分に発揮するだろう。当然、子どもの運動会や発表会といったシチュエーションでも、本製品の高倍率のズーム機能はきっと役立つはず。
Via : ズームに強いキヤノン「PowerShot SX」シリーズ最新モデルで、子どもの笑顔を撮り尽くせ! | d.365(ディードットサンロクゴ)

 

2017年5月に発売した「PowerShot SX730 HS」の後継モデル。コンパクトデジタルカメラとして初めて、映像エンジン「DIGIC 8」を搭載したのが特徴。これにより、AF・AE(自動露出制御)連動で最高約7.4コマ/秒、AF・AE固定で最高約10.0コマ/秒の高速連写を行えるという。
Via : 価格.com – キヤノン、DIGIC 8搭載の光学40倍ズームコンデジ「PowerShot SX740 HS」

 

“PowerShot SX740 HS”は、薄型・軽量・高倍率モデルである「PowerShot SX730 HS」(2017年5月発売)の後継機種です。新映像エンジンDIGIC 8を搭載し、4K(※1)動画の撮影が可能になるなど基本性能が向上しています。広角から望遠までの幅広いズーム領域を持ち、自分撮りに便利な機能を搭載しているため、旅行先などに気軽に携行し、さまざまなシーンに合った撮影が可能です。
Via : 光学40倍ズームレンズを搭載した“PowerShot SX740 HS”を発売|キヤノン株式会社のプレスリリース

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す