スポンサードリンク

「FUJINONレンズ」の技術で、高い解像力と豊かなボケ味を実現「フジノンレンズ XF200mmF2 R LM OIS WR」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

FUJIFILMが、大口径望遠レンズXF200mmF2 R LM OIS WRを発表しました。
発売は2018年10月下旬で、希望小売価格は838,500円ということです。

デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ初となる、開放F値2.0の明るい望遠レンズ 放送・シネマ業界で採用されている「FUJINONレンズ」の技術で、高い解像力と豊かなボケ味を実現 大口径望遠単焦点レンズ「フジノンレンズ XF200mmF2 R LM OIS WR」
デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ初となる、開放F値2.0の明るい望遠レンズ
放送・シネマ業界で採用されている「FUJINONレンズ」の技術で、高い解像力と豊かなボケ味を実現
大口径望遠単焦点レンズ「フジノンレンズ XF200mmF2 R LM OIS WR」

製品情報ページ

XF レンズフジノンレンズ XF200mmF2 R LM OIS WR
XF レンズフジノンレンズ XF200mmF2 R LM OIS WR
  • 0.1μm以下の精度で加工した大口径レンズを搭載
  • レンズ構成 14群19枚
  • EDレンズ:2枚、スーパーEDレンズ:1枚
  • 絞り形式 羽根枚数 9枚 (円形絞り)
  • CIPA準拠で5.0段分の手ブレ補正
  • 最短撮影距離 1.8m
  • 最大撮影倍率 0.12倍
  • 防塵・防滴・-10℃の耐低温構造
  • リニアモーター
  • フォーカスリミッター
  • フォーカスコントロールボタン
  • フィルターサイズ φ105mm
  • アルカスイス互換の三脚座
  • 外形寸法 最大径×長さ(約) φ122mm×205.5mm
  • 質量(約) 三脚座込み  2,265g
  • 「フジノンテレコンバーター XF1.4X F2 TC WRとキットとしても販売

レンズ本体のカラーはマットシルバーを採用ということで、他社の白レンズとはちょっと違った雰囲気がカッコいいですね。

ですがフルサイズで同等のレンズはサンニッパレンズということでしょうか。
Canon EF300mm F2.8L IS II USMは、長さ248mm、質量約2,350gで、希望小売価格価格は750,000円。
ちなみに、CanonのEF200mm F2L IS USMは 長さ203.5mm、質量約2,520gで希望小売価格850,000円です。

やはりこのクラスになるとAPS-Cもフルサイズも価格も大きさもそれほど大きな違いは無いようですが、最新設計のXF200mmF2 R LM OIS WRがどれくらいの描写を見せてくれるか楽しみですね!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す