スポンサードリンク

キヤノンもフラッグシップと入門向けの2機種のフルサイズミラーレスカメラを準備中?2019年中旬迄に発売か?(CR)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Canonのフルサイズミラーレスカメラについても、その製品ラインナップに関する具体的な情報が出て来ました。
Nikonと同様に、2機種の発表を計画しているということです。

Canon will release two full frame mirrorless cameras before the middle of 2019, the first one to come will be the “flagship” model for this new line of cameras
Via : http://www.canonrumors.com/canons-full-frame-mirorrless-cameras/#ixzz5KRjqgrxJ

  • キヤノンは2機種のフルサイズミラーレスカメラを2019年中旬迄に発表するという
    • 1番目は新シリーズの“フラッグシップ”モデルとなるカメラ
      • これまでレポートしたようにに3040万画素センサーが搭載される。
      • EOS 5D Mark IVに近い存在となる。
    • 2番目のフルサイズミラーレス機はより画素数が少ないものになる。
      • 我々には様々な画素数の情報が寄せられているが未だ明確にはなっていないが、その理由はテストカメラが異なるイメージセンサーが搭載されていると考えられる。
      • 最も可能性が高いのは2400万画素であろう。
      • 我々はEOS 6D Mark IIの2620万画素センサーがそのまま使われるといういう情報は信じていない。あるいは、その改善バージョンとなるかもしれない。
    • 両カメラは4K動画撮影が搭載される。
      • “フラッグシップ”モデルは最良のビデオ機能が搭載されることになるだろう。
    • 着脱式のEVFに関しても述べていたが、これは低画素のフルサイズ機向けのオプションになると考えられる。
    • 現時点でSonyのα7sIIが実現している高感度性能の直接的な競合になるカメラは計画されていないと考えている。
  • マウントについて
    • 明確な回答は無い。
    • EFマウントから新マウントに完全に互換されているという話があった。
      • あるソースはフルサイズミラーレスカメラとEFマウントの問題は“セクシー”なソリューションで対応されているということだったが、その意味は不明である。
      • もしこれが実現されるのではあれば最良のニュースとなるだろう。
  • 発表時期について
    • 両カメラともに2019年に出荷されるだろう。
    • しかし現時点では最初のカメラの正確な発表日は判らない。
  • 名称はどうなるのか?
    • 現時点ではコードネームで呼ばれている。
    • EOS M1は既に使われているので、それ以外だとすると全く予測が付かない状況である。

Nikonのフルサイズミラーレスカメラも高画素機と低画素機が同時に発表されるという情報がありましたが、キヤノンも同様の機種構成で発表するということになりそうですね。

これはSonyがほぼ同じフォームファクターのα9/α7ボディで様々な特徴を持ったフルサイズミラーレスのラインナップを拡充させてしまったことから、高級機と入門機の両方に対応する必要があるということですね。
そう言った意味では、CanonもNikonもフルサイズミラーレスは待った無しの状況のように思えます。
またSonyもおそらくα7sIIIという隠し玉を準備しているという情報もあります。

これから2019年にかけてフルサイズミラーレスカメラの熱い戦い(^^が始まりそうですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS Kiss M EF-M18-150 IS STM レンズキット ブラック
価格:111980円(税込、送料無料) (2018/7/6時点)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク



Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す