スポンサードリンク

「躍動する瞬間をダイナミックに切り取る」ソニー Cyber-Shot DSC-RX100M6 国内発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

SONY DSC-RX100M6 が国内でも発表されました。

2018年6月22日発売予定ということです。

プレスリリース

広角から望遠までをカバーする新開発24-200mm※1 F2.8-4.5ズームレンズと
世界最速20.03秒の高速AFを備えたプレミアムコンパクトモデル『RX100 VI』発売
~最大4.0の光学式手ブレ補正と大口径レンズの搭載により暗所や望遠撮影時も高画質を実現~
Via : https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201806/18-0606/

SONY Cyber-HOt DSC-RX100M6
SONY Cyber-HOt DSC-RX100M6

 

製品情報ページ

SONY DSC-RX100M6
SONY DSC-RX100M6

公式の撮影サンプルもアップされています→こちら

 

スペックは海外での発表を参照して頂ければと思いますが、
RX100M6のサイズと重量は

  • 101.6m×58.1×42.8mm
  • 301g(バッテリー、メモリーカード含む)

一方、RX100M5の大きさと重量は

  • 101.6×58.1×41.0 mm
  • 299g(バッテリー、メモリーカード含む)

ですので、奥行きが1.8mmの増加、重量は11gの増加ということで、ぱっと見は同じコンパクトカメラになりそうです。
200mmレンズなのに(暗くなりましたがF2.8は許容範囲かと)このサイズは驚異的ですね。

 

各メディアの記事

ソニーは、コンパクトカメラ「RX100 VI」(DSC-RX100M6)を6月22日に発売する。価格はオープン。店頭予想価格は税別14万円前後。
Via : ソニー、24-200mm相当の望遠対応になった「RX100 VI」 – デジカメ Watch

 

RX100 VIは、有効画素数2010万画素で像面位相差AFに対応する「Exmor RS」CMOSセンサー搭載というRX100 Vの特徴を継承しつつ、レンズに「ZEISS Vario-Sonnar T* 24-200mm F2.8-4.5」(焦点距離は35mm判換算)を新たに搭載した。
Via : ソニー、1型コンパクトカメラ「RX100 VI」海外発表 合焦速度と望遠性能を向上【国内価格追記】 – ITmedia NEWS

 

イメージセンサの撮像エリア約65%をカバーする範囲に、315点の像面位相差検出AFセンサを配置。高密度AF追従テクノロジをRX100シリーズとして初めて搭載することで、動体の追従性能も大幅に向上した。
Via : ソニー、24~200mmズームを搭載した「RX100 VI」–暗所や望遠でも高画質 – CNET Japan

 

コンデジ界のエースといえるRX100シリーズに6世代目の新型が登場です。見た目はRX100 Vとほとんど変わらない「RX100 VI」(DSC-RX100M6)ですが、スキルはめっちゃ高めてきていますね。
Via : ソニー「RX100 VI」が発表。200mmの衝撃、サイズ同じくしてまたも性能進化 | ギズモード・ジャパン

 

全画素読み出しの4K(3,840×2,160ドット)動画撮影に対応し、4K/HDR撮影もサポート。HLG(ハイブリッドログガンマ)や、S-Log3/S-Gamut3に対応。フルHDの120fps撮影や、プロキシ記録などに対応する。最大1,000fps(PAL)のスロー撮影にも対応。
Via : ソニー、24-200mmズームと世界最速0.03秒AFの「RX100 VI」を海外発表 – AV Watch

 

新たに開発したZEISS Vario-Sonnar T* 24-200mm F2.8-4.5の高倍率ズームレンズは、12群15枚のレンズを有しながらも、8枚の非球面レンズを効果的に配置し、全群をズーム可動させることにより、RX100シリーズのボディサイズに収まる小型化を実現。同社独自の高度非球面AA(advanced aspherical)レンズ4枚と2枚のED(特殊低分散)ガラスを採用した非球面レンズが諸収差を補正することにより、望遠撮影時に目立ちやすい色収差を良好に補正し、ズーム全域において画面周辺まで高い描写性能を実現するとしている。
Via : ソニー、広角から望遠までをカバーする新開発24-200mm F2.8-4.5ズームレンズを搭載した「RX100 VI」を発売 – PRONEWS

 

バッファメモリーも大容量化し、233枚を連続撮影できるようにした。ソニーのRX100シリーズは高級コンパクトデジカメとしての認知度が高く、プロカメラマンのサブ機として使われることも多い。
Via : ソニー、レンズ2本分を1台で 小さいボディーで高ズーム  :日本経済新聞

 

背面の可動式液晶ディスプレーはタッチシャッターに対応するほか、上180度/下90度まで可動して自分撮りが容易になった。収納式EVFは表示タイムラグを低減、Wi-FiとNFCを搭載するほか、Bluetooth経由での位置情報取得にも対応した。予想実売価格は15万1200円前後。
Via : ASCII.jp:ソニー、1.0型撮像素子搭載のプレミアムコンパクトデジカメ「RX100 VI」

 

バッテリー使用時間(静止画撮影時)は、液晶モニター使用時で約240枚/約120分、ファインダー使用時で約220枚/約110分。本体サイズは101.6(幅)×58.1(高さ)×42.8(奥行)mm、重量は約301g(バッテリーNP-BX1、メモリーカードを含む)、約274g(本体のみ)。
Via : 価格.com – ソニー、24-200mmズーム対応の1型コンデジ「RX100 VI」を約14万円で発売

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.