スポンサードリンク -

ミラクル!月食とオーロラを同時撮影した8K360度タイムラプス動画が幻想的過ぎる!

Pocket
LINEで送る

フォトグラファーのWilliam Briscoe が1月末に発生した皆既月食をアラスカ州フェアバンクスで撮影した動画がYouTubeにアップされているということです。

Back on January 31st, photographer William Briscoe set up his cameras near Fairbanks, Alaska, and shot this awe-inspiring 360-degree interactive video of a lunar eclipse in the sky above the dancing green glow of the Northern Lights.
Via : Here’s an 8K, 360° Video of a Lunar Eclipse with the Northern Lights

 

この動画8Kの超高校解像度の360度動画で、マウスを使って全天球を見回せるようになっています。

そして、この動画で更に素晴らしいのは、皆既月食とオーロラが同時に捉えられていること、正にミラクルでファンタジーな景色を堪能することが出来ます。

ちなみに、月はスタートしてから左上の方にありますのでマウスで回してみて下さい。
あるいは、Galaxy Gear VRやHTC VIVE等お持ちの方は全天球でお楽しみ下さい!!

で、この素晴らしい映像は誰でも撮れるという訳では無く、William氏がこの日の為にアイデアと万全の準備で撮影されたということです。

  • 360℃イメージは複数の一眼レフカメラを装着出来る自作のリグを利用して全天球を撮影。
  • -35℃という極寒の中で3時間のタイムラプス撮影を行って撮影するにはリスクがあった。
  • 2つの異なるセッティングのリグを利用して撮影。
    • 通常、オーロラと周りの景色に露出を合わせると、月の光を取得すると露出オーバーになってしまう。よって2つめのセットは望遠レンズを用いて月光に最適な露出で撮影、ポスト処理で合成した。

合成というと違和感があるかもしれませんが、そもそもタイムラプス動画は合成ですので、William氏のアイデアは月光を捉えるために生まれた素晴らしいアイデアだったということですね。

また、それらが完璧に合成されているのもすばらしい技術ですね!

 

360度VR動画メイキングワークフロー (玄光社MOOK)

360度VR動画メイキングワークフロー (玄光社MOOK)

染瀬直人
3,300円(05/14 01:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

タイムラプス動画 撮影テクニック: 星の光跡を表現、天の川の動きを撮る

タイムラプス動画 撮影テクニック: 星の光跡を表現、天の川の動きを撮る

竹本 宗一郎
1,980円(05/14 00:36時点)
Amazonの情報を掲載しています


Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

コメントを残す