スポンサードリンク

ソニーのGM田中氏がキヤノンとニコンが1年以内にフルサイズミラーレスに参入すると予測(DPreview)

Pocket
LINEで送る

CP+2018でDPReviewがSONYデジタルイメージング本部 ゼネラルマネジャー田中健二氏へのインタビューを行っており、その注目すべき発言を掲載しています。

One of the reasons that companies like Sigma and Tamron are creating native Sony FE lenses is that they’re looking forward to a future where full-frame mirrorless is the norm. How long will that be?
Via : Sony executive predicts Nikon and Canon will go full-frame mirrorless within a year: Digital Photography Review

DPreviewの質問

  • SIGMAやTAMRONのような会社がSONY FE互換レンズを作るようになった1つの理由は、将来フルサイズミラーレスカメラが一般的なものになることを見込んでいるようだが、それはいつ頃実現するのか?

田中氏の回答

  • 個人的な意見だが、おそらく来年のCP+でCanonとNikonのフルサイズミラーレスカメラを見ることが出来ると考えている。
    • 私は(その時)彼らがこの市場に参入すると考えている。
  • 技術的な観点から考えると、瞳AFなど、全ての情報はイメージセンサーから得ているが、一眼レフカメラではデータを別のセンサーで取得しており、メインセンサーは90%の時間でブラックアウト状態で使用されていない。
  • しかしイメージセンサーはとても重要であり、カメラが今後進化し、より瞬間を捉えることが出来るようになれば、メーカーとしてはミラーレス技術を開発する必要に迫られるだろう。
  • よって、それは1年以内であると考えている。

少し前に今年のCP+2018でNikonとCanonがフルサイズミラーレスカメラを発表するという予測もありましたが、残念ながらそれは外れてしまいました。
しかし、SONYはCP+2019でそれが実現すると考えているようですね。
となると、9月のフォトキナから年末にかけてフルサイズミラーレスカメラが出ることになるかもしれません。楽しみですね!!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “ソニーのGM田中氏がキヤノンとニコンが1年以内にフルサイズミラーレスに参入すると予測(DPreview)

コメントを残す