スポンサードリンク

ロシアの軍用トラックにNikkor 1780mm レンズを積んで巨大アンブロタイプカメラに改造する夢を持つ写真家 Kurt Moser

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリア在住のフォトグラファーKurt Moser氏(Webサイト)は、Ambrotype湿板写真を愛しており、ポートレートや風景の作品を撮影しているということです。

そしてMoser氏の夢はミニタリートラックの荷台を、そのまま巨大なアンブロタイプカメラに改造し、イタリアのドロミテの山岳風景を撮影することで、彼の活動とその夢を語る素晴らしい動画がYouTubeにアップされています。

アンブロタイプ写真は1850年頃に用いられた写真技法ということですが、上の動画のポートレート撮影で使われているカメラはニックネーム”baby”と名付けた1907年製の木製カメラということです。

現代のポートレートとしても、いや現代からこそ、アンブロタイプが映し出す画は凄い表現力ですね。

 

で彼の夢の実現ですが、ロシアで45年前に製造された URAL375 6輪駆動軍用トラックと、APO Nikkor 1780mm レンズを所有しており、昨年Kickstarterでファンディングゴール €50,000のプロジェクトを立ち上げ€57,566を調達に成功したということです。

こちらが、ミニタリートラックとAPO Nikkor 1780mm レンズを紹介する動画。

そのトラックの改造計画を説明する動画。

 

Nikon APO Nikkor 1780mm レンズも凄いですがどうやって手に入られたのでしょうか?
トラックもレンズも巨大ですが、また印画するガラス版は約1.5m幅でその重量は約40kgというのも凄いですね(^^;

 

ベリンミュージアムでこのトラックの展示を行う予定ということで、本当にドロミテにこのトラックカメラが自走して行き、撮影された写真を見てみたいですね!!

 



Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す