スポンサードリンク

良かった!シグマ ソニーEマウントArtレンズ発表!そしてマウント交換サービスが素晴らしい!

Pocket
LINEで送る

【訂正】サブジェクトを“レンズ交換サービス”と記述しておりましたが、“マウント交換サービス”に訂正いたしました。ご指摘のコメントを頂きまして感謝いたします。

SIGMAがフルサイズミラーレス用Artレンズ(現時点ではSONYEマウント)の発売を表明しました。

ニュースリリース

最高の光学性能を追求したArt ラインのデジタル一眼用交換レンズにソニー E マウント用を追加し、順次発売することを発表いたします。
Via : フルサイズ対応ソニー E マウントレンズの発売について | レンズ | SIGMA|株式会社シグマ

 

特設ページ

最高の光学性能を追求したArt ラインのデジタル一眼用交換レンズにソニー Eマウント用を追加。AF駆動方式や通信速度の最適化といった専用の制御アルゴリズムを開発し、従来のマウントコンバーターMC-11では対応できなかったAF-CモードやAFスピードの高速化を実現しました。
Via : フルサイズ対応ソニー Eマウントレンズ | レンズ | SIGMA GLOBAL VISION

今後Eマウントも発売されるレンズ

  • 14 mm F1.8 DG HSM | Art
  • 20 mm F1.4 DG HSM | Art
  • 24 mm F1.4 DG HSM | Art
  • 35 mm F1.4 DG HSM | Art
  • 50 mm F1.4 DG HSM | Art
  • 70 mm F2.8 DG MACRO | Art
  • 85 mm F1.4 DG HSM | Art
  • 105 mm F1.4 DG HSM | Art
  • 135 mm F1.8 DG HSM | Art

ということで、今回開発発表された、70 mm F2.8 DG MACRO | Artと、105 mm F1.4 DG HSM | Artレンズも勿論Eマウントも発売されるということですね。

そして、このようなEマウントフルサイズに対応する為にキーになったのは、SIGMA独自のマウント交換サービスでした。

 

交換可能なマウントは以下の通り

  • シグマSAマウント
  • ソニーAマウント
  • ソニーEマウント
  • キヤノンEFマウント
  • ニコンFマウント
  • ペンタックスKAFマウント

マウント交換サービスの対象レンズは以下の通り25本のレンズ

  • 14mm F1.8 DG HSM
  • 20mm F1.4 DG HSM
  • 24mm F1.4 DG HSM
  • 30mm F1.4 DC HSM
  • 35mm F1.4 DG HSM
  • 50mm F1.4 DG HSM
  • 70mm F2.8 DG MACRO
  • 85mm F1.4 DG HSM
  • 105mm F1.4 DG HSM
  • 135mm F1.8 DG HSM
  • 12-24mm F4 DG HSM
  • 14-24mm F2.8 DG HSM
  • 18-35mm F1.8 DC HSM
  • 24-35mm F2 DG HSM
  • 24-70mm F2.8 DG OS HSM
  • 24-105mm F4 DG OS HSM / DG HSM
  • 50-100mm F1.8 DC HSM
  • 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM / DC MACRO HSM
  • 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / DC MACRO HSM
  • 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / DC MACRO HSM
  • 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM
  • 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM
  • 120-300mm F2.8 DG OS HSM
  • 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM
  • 500mm F4 DG OS HSM

もう文句が無いほど(^^;膨大な焦点距離のレンズが揃っているということに今更ながら驚きました。。。

これらのレンズは、今回発表されたEマウントへの移行のみならず、SONY αマウントボディや、PENTAXのボディを大切に使われている方も最新のレンズを使うことが出来るということですね!

私は、Canon EFマウント、SIGMA SAマウント、そして、SONY Eマウントカメラを使わせて頂いていますが、今SIGMAのEF→EとSA→Eマウントアダプタを使っています。

が、これまでのネットの噂ではSIGMAがEマウント専用のレンズを開発するという話しが出ており、逆に困惑していたのですが今回の発表で一安心!

もしEマウント専用レンズが出たとすれば、sd Quattoro Hで使うことが出来なくなるということでした(^^;

おそらく、SIGMAがマウント交換サービスを始めた時には既にEマウントへの対応も予見していたと思います。
だからこそ、Eマウントアダプターも出し、自社のミラーレスカメラsd QuattroもSAマウントで出すことが出来たんだろうと、話しが繋がりました。

あえて言えば、ミラーレス専用のレンズの方がコンパクトになるという意見もあるかもしれませんが、ARTのような大口径のハイスペックレンズや望遠レンズ等は、ミラーレス用に設計したとしても(更にAPS-Cにしたとしても)フルサイズ一眼レフ並のサイズになってしまうということが(他社の事例で)証明(^^;されています。

だからこそ、SIGMAがサイズよりも画質をアピールポイントとしてF1.4やF1.8の大口径に拘ったということも理解しました。

私としては今後交換レンズを加えるなら、SIGMA のレンズが第一候補になると思います。

但し、4月1日からレンズ交換サービスの価格が上がってしまうんですね;;;;^^)、、、、
もしご検討の方は直ぐにSIGMAに送りましょう!w

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “良かった!シグマ ソニーEマウントArtレンズ発表!そしてマウント交換サービスが素晴らしい!

  • 2018年2月28日 at 6:09 AM
    Permalink

    レンズ交換サービス???

    Reply
  • 2018年2月28日 at 9:15 AM
    Permalink

    発売済みのマウントのものにしか交換できませんよ

    Reply

コメントを残す