スポンサードリンク

F1.4の限界に挑んだ「BOKEH-MASTER」シグマ 105mm F1.4 DG HSM | Art 開発発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

SIGMAの「Art F1.4」の新しいフラッグシップ・モデルとして、105mm F1.4 DG HSM | Art が開発発表されました。

予定されている対応マウントは、シグマSAマウント / ニコンFマウント / キヤノンEFマウント / ソニーEマウントで、価格、発売日は未定ということです。

ニュースリリース

9 本目の「開放値F1.4」で、同ライン最長焦点距離となるこのSIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art は、最高レベルの解像力とボケ味を実現、アウトフォーカス部の描写までこだわり尽くした「BOKEH-MASTER」ともいうべき1 本です。
Via : SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art 開発発表 | レンズ | SIGMA|株式会社シグマ

SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art
SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art

 

 

製品情報ページ

解像力とボケ味にこだわり抜いた フルサイズ用Art F1.4シリーズ最長焦点距離の 「BOKEH-MASTER」、登場。
Via : 105mm F1.4 DG HSM | Art | プロダクト | レンズ | SIGMA GLOBAL VISION

主なスペック

レンズ構成枚数 12群17枚
画角(35mm判) 23.3°
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
最小絞り F16
最短撮影距離 100cm
最大撮影倍率 1:8.3
最大径 × 長さ Φ115.9㎜ × 131.5㎜
質量 1,645g

 

115.9mmの鏡筒サイズに大径のFLDエレメントが贅沢に使われている構成を見るだけで、このレンズの画質を期待してしまいます。

ただ、お値段もそれなりにしそうですね(^^;

今回は開発発表ということでCP+に展示されるということですので、とても楽しみです!

 

公式サンプルギャラリー

各メディアの記事

Artラインで9本目となる開放F1.4の大口径レンズ。「Art F1.4」の新しいフラッグシップ・モデルだとしている。最高レベルの解像力とボケ味を実現し、アウトフォーカス部の描写も意識した「BOKEH-MASTER」してアピールする。
Via : シグマ、35mmフルサイズ対応の「105mm F1.4 DG HSM | Art」開発発表 – デジカメ Watch

フィルター径を105mmに拡大した事で、同クラスの製品に対して豊富な周辺光量を得る事ができ、口径食を抑える事ができ、ポートレート等のボケ表現にも最適なレンズに仕上がったという。
Via : [CP+2018]シグマ、フルサイズ用Art F1.4シリーズ最長焦点距離となる「SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art」を発表 – PRONEWS

対応マウントはシグマ、ニコン、キヤノン、ソニーEマウント。ケース、かぶせ式フード「LH1113-01」、着脱式三脚座「TS-111」、Protective Cover「PT-21」が付属する。発売日や価格などは未定だ。
Via : 価格.com – シグマ、フルサイズ用Art F1.4シリーズ「105mm F1.4 DG HSM | Art」開発発表


Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “F1.4の限界に挑んだ「BOKEH-MASTER」シグマ 105mm F1.4 DG HSM | Art 開発発表

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.