スポンサードリンク

6000ドルのカメラの中はどうなってるの?キヤノン EOS-1D X Mark II をちょっと分解してみた動画(Peter McKinnon)

Pocket
LINEで送る

ユーチューバーのPeter McKinnon氏が極寒での撮影中にEOS-1DX Mark IIのマイクロフォンジャックが壊れてしまったということです。

そこでCanonに相談したとろすぐに代替機を送って来てくれるという素晴らしい対応をされたようですが、修理に出す前ちょっと思いつかれたのは、、、せっかく壊れた(^^;んだからカメラを分解して中身を見てみようということw

その様子が動画で公開されています。

ということで本格的な分解記事では無いのですが、6000ドル(日本では60万円前後)もするキヤノンの一眼レフフラッグシップ機の中身が見れて面白いです。
大型のボディですが、その中にも無駄なく緻密に配置され配線された基板等が印象的ですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す