スポンサードリンク

オリンパスの映像事業が黒字化!OM-D E-M1 Mark II好調!(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

デジカメWatchによれば、OLYMPUSの第2四半期は映像事業が黒字という結果を出したということです。

医療事業、科学事業、映像事業がいずれも増収。営業利益は科学事業、映像事業が増益、医療事業が減益となった。
Via : オリンパス第2四半期、OM-D E-M1 Mark II販売拡大などで映像事業が増収増益 黒字化へ – デジカメ Watch

好調の要因の1つが脅威の手ブレ補正を搭載しカメラグランプリ三冠の快挙で大人気となったOM-D E-M1 Mark IIの売上ということです。

こんなニュースもありましたが、OLYMPUSのカメラはそれを乗り越えたと言って良いということですね!

OLYMPUS 2018年3月期 第2四半期実績 ⑤映像事業
OLYMPUS 2018年3月期 第2四半期実績 ⑤映像事業

実績資料を確認するとコンパクトカメラも大幅増収ということて供給不足を告知していたTough TG-5もヒット、OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IIIも好調なようでキャンペーンを延長しています!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す