スポンサードリンク

OSXからInstagramに投稿する最も簡単な方法があった(PetaPixel)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagramは今一番ホットなSNSの1つだと思いますが、その特長は写真が中心のSNSであり、その投稿はスマートフォン等のモバイルデバイスに限定していることです。

dmaniax.comも過去、LightroomからInstagramにアップするプラグインをご紹介させて頂きましたし、OSXアプリFlumeご紹介させて頂きましたが、PetaPixelによればこれらは実はリスクがあるようです。

Heads up: you can now upload photos to Instagram from a desktop browser… using a special, unofficial trick. In this step-by-step tutorial, I’ll show you how it’s done.
Via : How to Post Photos to Instagram From a Desktop Browser

  • Instagramがリリースされて以来、公式スマホアプリ経由のみ写真を投稿出来る唯一の手段であった。
  • サードパーティアプリ等幾つかの手段でアップロード出来る非公式の方法もあったが、”Shadow bans”呼ばれるアカウントを一時制限にされてしまうリスクがあった。
    • ハッシュタグやロケーション検索であなたの写真は1週間表示されないペナルティとなる。
  • Instagramがユーザー追跡による取締を行なっておいる。
    • 最近、ユーザーを自動フォローしいいねボタンを押すボットサービスを行なっていたInstagressという投稿アプリが強制閉鎖されてしまった。
  • 一方、良いニュースとしてはInstagramがウェブサイト経由で投稿出来るようになった。
    • これによってモバイルデバイスを使用するすべてのユーザー(BlackBerry等も未だ使われている)に対して投稿の道を開くことになった。
    • ただ、この機能はスマートフォンやタブレットでのWebブラウザでは利用出来るが、PCやMacのデスクトップでは利用出来ない。
  • この制限を回避する簡単な方法、”ユーザーエージェントのなりすまし”を使うことである。
    • これによってユーザーがモバイルデバイスを使用していない場合でも 、モバイルデバイスを使用していることをWebサイトに伝えることができる。
  • Instagramが将来この方法を禁止するかは不明だが、この方法は公式のWebサイト経由で行うことが出来るので、個人的には問題が無いと考えている。
  • 但しリスクがあることも覚悟する必要もあるだろう。

ということで、Webブラウザのユーザーエージェント”偽装”、あるいは”なりすまし”はその言葉の印象は悪いですが、Webアプリ開発のテスト等で必要でありブラウザの標準機能やプラグインで可能になります。

ということで早速私もOSXのSafari経由でInstagramに投稿出来るかを試してみました。

 

準備

Sarati > Safari拡張機能 を開きます。

Instagram

詳細タブを選択し、一番下の「メニューバーに”開発”メニューを表示」のチェックボックスをOnにする。

Instagram

Safariのユーザーエージェント変更

SafariでInstagramのウェブサイトにアクセス

開発 > ユーザーエージェント > Safari-ISO10-iPad 又は Safari-ISO10-iPhone

Instagram

 

iPad/iPhone用のSaferi表示になりました。
もしInstagramにログインしていない場合はログインします。

Instagram

iPad/iPhoneのブラウザでアクセスしたWebサイトレイアウトになっていますね。

Instagram

写真を投稿して見る

今回は、SIGMA sd Quattro Hで撮影した写真をアップしてみます。

一番下にある、カメラボタンをクリック。

Instagram

写真選択ダイアログが表示されるのでアップロードをする写真を選択します。

Instagram

写真のレイアウトを決め手、右上の”次へ”をクリック。

Instagram

キャプションのテキストを入力出来ます。

Instagram

アップロードが完了しました。

Instagram

Safariを終了した場合、再びユーザーエージェントを切り替える必要があります。

 

確認してみた

こちらはInstagramのエンベデッドコードを使って、ブログに埋め込んでみました。

Audi R8 OSX Safariから投稿テスト

You Dmaniaxxさん(@dmaniaxcom)がシェアした投稿 –

いかがでしょうか?

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私としてはこんなに簡単にアップロード出来てしまうなんて個人的には目から鱗でした。

ただ、PetaPixelも指摘しているように、この方法が将来禁止あるいは制限されるかもしれませんので、自己責任ということでお願いいたします。

とはいうものの、Instagramがモバイルデバイスのブラウザ経由でのアップロード機能を追加したということ自体が、近い将来デスクトップデバイスとモバイルデバイスの明確な区切りというものが無くなって来るように思えますし、Instagramサービス自体も当初の写真共有以上の意味も持ち始めているように感じます。



Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “OSXからInstagramに投稿する最も簡単な方法があった(PetaPixel)

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.