スポンサードリンク

デスクトップ判ChromeからもInstagramに投稿する方法

Pocket
LINEで送る

さきほど、OSXのSafariブラウザからInstagramに写真を投稿する方法をご紹介いたしましたが、Chromeでも拡張機能を追加することで可能になるようです。

 

Chromeの拡張機能をインストール

User-Agent Switcher for ChromeというChromeのユーザーエージェントを偽装する拡張機能です。 こちらから インストール

Googleの拡張機能サイトとして以下のような画面になりますので、そこから“Charomeに追加”でインストール。

Instagram

ユーザーエージェントの変更

すると、ブラウザの右上にサングラスのようなアイコンが出てきますので、そこから iOS > iPad を選択。

Instagram

Instagram

すると、右上のアイコンはiPadブラウザモードになります。

Instagram

iPadモードのChromeでInstagramにアクセス

なので、そこからinstagram.comにアクセスするとこんな感じ。お、MotoGP スペインGPの決勝が終わったようですね!w

Instagram

ブラウザの下にはカメラアイコンが出てきました。

Instagram

Chromeから写真をアップロード

これをクリックすると、アップロードする写真ファイルを選択するダイアログが出て来ます。

Instagram

写真をレイアウトします。
今回も sd Quattro Hで撮影した画像をアップしてみました。

Instagram

キャプションテキストも入れることが出来ます。終わったら右上の「シェアする」を押します。(文字レイアウトが崩れていますが)

Instagram

ということで、OSCのCharomeからもアップすることが出来ました。

Instagram

 

確認してみた

今回も試しにInstagramの埋め込みコードを使ってこのブログにアップした写真を貼り付けてみました。

#SIGMA sd Quattro H で撮影した写真を、OSXのCharomeからアップしてみた。

You Dmaniaxxさん(@dmaniaxcom)がシェアした投稿 –

いかがでしょうか?
ChromeですからWindowsでも同じ拡張機能をインストールすることで投稿出来そうですね。(時間があれば試してみます。)

注意点としてはChromeの拡張機能 User-Agent Switcher for Chromeはいったん設定するとChromeを再起動してもエージェントはディフォルトに戻りません。

よってInstagramを投稿した後はディフォルトに戻しておいてください。

そういう意味では、再起動するとディフォルトになるSafari経由での方法が安全かもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す