スポンサードリンク

「光を捉え続ける」ソニー『α9』 ILCE-9 国内正式発表「人類にはまだ見たことのない世界がある」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日海外で発表された、SONYのプロ向けミラーレス一眼カメラα9が国内向けウェブサイトでも正式発表されました。

発売日は5月26日で、価格は500,000円前後ということです。

ソニーは、世界初メモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサーを搭載し、新次元の高速性能を持つレンズ交換式デジタル一眼カメラ 『α9』を発売します。本機は、AF/AE追従20コマ/秒※3のブラックアウトフリー連続撮影※4をはじめとする高速性能の実現と、高い信頼性・操作性を求めるスポーツや報道のプロフェッショナルの使用を想定した一眼カメラです。
Via : 「光を捉え続ける」システムにより新次元の高速性能を実現 フルサイズミラーレス一眼カメラ 『α9』 | プレスリリース | ソニー

SONY α9
SONY α9

α Universeのページにバナーが出現しましたが、未だ製品情報ページは無いようです。

その代わりスペック等詳細はPDFで公開されています

また、海外向けに公開されていたYoutubeの日本語コンテンツもアップされています。

各メディアの記事

ソニーは4月21日、海外で先行発表していた「α9」(ILCE-9)を日本で5月26日に発売すると発表した。価格はオープン。店頭予想価格は税別50万円前後の見込み。4月27日10時から予約を開始するとしている。
Via : ソニー「α9」、日本で5月26日発売。約50万円 – デジカメ Watch

コンパクトカメラやスマートフォン向けセンサーで採用されていた、積層型CMOSセンサー「Exmor RS」。世界初となる、その35mmフルサイズ版を搭載。積層型CMOSは、裏面照射型CMOSの支持基板の代わりに、信号処理回路が形成されたチップを使い、その上に裏面照射型画素が形成された画素部分を重ねあわせたもの。今回のセンサーでは従来比20倍以上、読み出しスピードが高速化している。
Via : ソニー、秒20コマ無音連写で4K動画対応“歴史を変える”ミラーレス「α9」。約50万円 – AV Watch

積層化により回路部とメモリを内蔵することで、センサー内の読み出し速度を従来機種から20倍に高速化した、有効約2,420万画素のフルサイズCMOSセンサー「Exmor RS」を搭載。693点の像面位相差AFポイントに対応し、画面内の撮像領域の93%のエリアをカバーし、ISO感度は100~51200、拡張50~204800まで対応する。
Via : ソニー、新ミラーレス「α9」を5月26日に国内販売 – 価格は税別50万円 | マイナビニュース

ソニーは、世界で初めて35mmフルサイズの積層型CMOSセンサーを搭載したミラーレスカメラ“α9”「ILCE-9」を国内でも正式発表。5月26日に発売する。ボディ単体のみでの展開で、オープン価格だが500,000円前後での実売が予想される。なお4月27日10時から予約販売を開始する。
Via : ソニー「α9」、5月26日に約50万円で国内発売。世界初のフルサイズ積層型CMOS搭載ミラーレス – Phile-web

新型CMOSは、2016年4月に発生した熊本地震で被害を受けた熊本工場で開発を進めていたもの。復旧活動の中には、当時開発中であったイメージセンサの開発プロジェクトを止めないというミッションも含まれていたという。熊本工場は2016年末からフル稼働している。
Via : ソニー、新フルサイズ積層型CMOSセンサを搭載した「α9」を日本でも発売へ – CNET Japan

同社のαシリーズは、製品ごとに高解像度(α7R II)、高感度(α7S II)といった特徴があり、α9は「高速性能」に主眼を置いて開発されたモデルだ。同社ではスポーツや報道などのプロフェッショナル用途でも活躍することを見込んでいる。
Via : ソニーのフルサイズ一眼カメラ「α9」。新開発の24Mセンサーを搭載し、20コマ連写、693点AFで動きに強い | Stereo Sound ONLINE

バッテリーは「NP-FZ100」を使用し、静止画撮影可能枚数が約480枚(ファインダー使用時)、約650枚(液晶モニター使用時)。本体サイズは126.9(幅)×95.6(高さ)×63(奥行)mm、重量は約673g(バッテリーとメモリカードを含む)、約588g(本体のみ)。 市場想定価格は、500,000円前後(ボディのみ・税別)。
Via : 価格.com – ソニー、フルサイズ積層型CMOS搭載のミラーレス「α9」を5/26発売

価格はオープンだが、同社が予想する市場推定価格は本体のみで50万円前後という。販売開始は5月26日だが予約を27日の10時から受け付ける。
Via : ソニー、新次元の高速性能を実現したプロ向け一眼カメラ「α9」発表 | 財経新聞

ソニーは4月21日、ミラーレスカメラ「α9」を国内発表。同日にマスコミ向けの説明会を開き、開発背景や市場導入の狙いを明らかにした。
Via : ソニー「α9」が目指したもの、狙うもの – デジカメ Watch

別項の通り、ソニーは世界初の積層型35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したミラーレスカメラ“α9“「ILCE-9」を発表。メディア向けの製品体験会を開催し、ソニーマーケティング社長の河野弘氏らが開発の狙いや製品の魅力を語った。
Via : 「歴史を変えるセンサー」で写真文化を次世代に。ソニー幹部が「α9」の魅力をアピール – Phile-web

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “「光を捉え続ける」ソニー『α9』 ILCE-9 国内正式発表「人類にはまだ見たことのない世界がある」

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.