スポンサードリンク

「日常を更に明るく捕える」ミラーレス用レンズサムヤン35mm F1.2 ED AS UMC CSレンズを海外で発表「最古の画質を実現」

Pocket
LINEで送る

韓国・ソウルに本社を置くSamyang Optics社が、ミラーレスカメラ用の35mm F1.2超大口径単焦点レンズ35mm F1.2 ED AS UMC CSを発表しました。


特長

  • F1.2の明るい絞り
  • 非球面レンズ
  • 独自的技術のUMCコーティング(UMC)
  • コンパクトでありながら軽量デザイン
  • 円形の 9枚の絞り
  • ソフトなフォーカスリング作動

主なスペック

  • レンズ構成 7群9枚 非球面レンズ2枚
  • 最短撮影距離0.38m
  • フィルターサイズ Φ62mm
  • 最大径 Φ67.5mm
  • 全長 73mm 〜 74.5mm(マウントによって異なる)
  • 質量 420g 〜 430g(マウントによって異なる)

マウント

  • キヤノン EF-M
  • 富士フイルム X
  • ソニー E
  • マイクロフォーサーズ

レンズ構成図

MTFチャート

SAMYANGのウェブサイトでちゃんと日本語対応のページを公開されているのは素晴らしいですが、、、「非球面レンズを使い、最古の画質を実現」というキャッチが気になります。。。。

(なお、オマエが言うかということも認識するとともに反省しおりますm(_._)m)

また同じレンズ構成で、無断階クリックのアイリス/フォーカシングギアの構成となる 35mm T1.3  AS UMC CS レンズも同時発表しています。

日本では、ケンコー・トキナーがサムヤンレンズの輸入元となっていますので、これらのレンズも是非日本でも販売して欲しいですね!
 

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク

「日常を更に明るく捕える」ミラーレス用レンズサムヤン35mm F1.2 ED AS UMC CSレンズを海外で発表「最古の画質を実現」」への2件のフィードバック

コメントを残す