スポンサードリンク

オリンパス5軸手ぶれ補正搭載OM-D E-M10 Mark II発表!「毎日使える小型スタイリッシュ一眼。」予約開始!

Pocket
LINEで送る

Olympusが入門機一眼としては初の5軸手ぶれ補正機構を登載した、OM-D E-M10 Mark IIを発表しました。

プレスリリース

「OM-D E-M10 Mark II」は、2014年2月に発売したミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M10」の後継機です。スタイリッシュで使いやすい、小型なボディーに「OM-D」シリーズ上位機種譲りの強力なVCM式ボディー内5軸手ぶれ補正機構を、エントリークラス一眼として初めて搭載しました。日常の記録から夜景、マクロ撮影まで、あらゆる撮影シーンでぶれのない安定した高画質を提供するファミリー向け一眼カメラです。

Via : オリンパス ニュースリリース: 5軸手ぶれ補正がぶれない高画質を提供 家族のためのミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M10 Mark II」発売

製品情報ページ

特長や主なスペック

  • 金属外装にレザーの質感をあしらった高級感あふれるデザイン
  • 動画撮影にも対応する「5軸手ぶれ補正」登載
  • 秒間8.5枚の最速連写
  • イメージセンサー
    • 4/3型 Live MOS センサー
    • 1605万画素 / 総画素数 約1720万画素
  • AF
    • ハイスピードイメージャAF
    • タッチAFシャッター
    • フォーカスブラケット
  • 測光
    • 324分割デジタルESP測光
  • 電子ビューファインダー
    • アイレベル式 236万ドットOLEDビューファインダー
  • モニター
    • 3.0型可動式
    • 約104万ドット(3:2)静電容量方式タッチパネル
  •  シャッター
    • 電子制御フォーカルプレーン式
    • 1/4000~60秒 バルブ/タイム撮影: 最大30分
    • 静音撮影モード 電子シャッター
    • 同調速度 1/250以下
  • 撮影機能
    • ファインダーを覗きながら、背面モニターでピントを合わせる位置をすばやく決められる「AFターゲットパッド」
    • HDR撮影機能
    • アートフィルター、アートエフェクト、フォトストーリー、ライブバルブ/ライブタイム、ライブコンポジットなどのクリエイティブ撮影機能
  • 動画
    • シネマ品質レベルのムービーを、手持ちで撮ることが出来る「OM-D MOVIE」
    • 4K対応の「タイムラプスムービー」,120fps撮影「ハイスピードムービー」、複数のメッセージムービーを組み合わせて、 一つに仕上げる「クリップス」
    • MOV(MPEG-4AVC/H.264 )、AVI(Motion JPEG)
    • 1920×1080(FHD)/60p
  • バッテリー
    • 撮影可能コマ数 約350枚
  • 電子水準器
  • Wi-Fi登載
  • 大きさ 119.5mm(W)×83.1mm(H)×46.7mm(D)
  • 質量 約390g (電池およびメモリーカード含む)約342g (本体のみ)

OM-D E-M10 Mark IIの実売価格

各メディアの記事

オリンパスは、ミラーレスカメラ「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II」を9月4日に発売する。カラーはシルバーとブラック。店頭予想価格はボディ単体が税別8万円前後、14-42mm EZを同梱した標準ズームレンズキットが税別9万5,000円前後、40-150mm Rを加えたダブルズームキットが税別11万円前後の見込み。

Via : 5軸手ブレ補正の小型機「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark II」 – デジカメ Watch

オリンパス製ミラーレスカメラのうち、EVF付きのOM-Dシリーズでエントリークラスにあたる製品。2014年2月に発売したOM-D E-M10の後継機種です。

Via : オリンパス、5軸手ブレ補正のエントリー機 OM-D E-M10 Mark IIを発表。操作性やEVF性能を強化 – Engadget Japanese

同モデルは、角度ブレ(ヨー・ピッチ)/シフトブレ(上下・左右)/回転ブレを補正する5軸手ブレ補正機構を搭載したモデル。エントリークラスの一眼カメラとしては現段階で唯一のモデルとしている。

Via : 5軸手ブレ補正で動画もばっりな一眼 OM-D E-M10 MarkII 登場 〈アサヒカメラ〉|dot.ドット 朝日新聞出版

2014年1月に登場して好調なセールスを続ける入門機「OM-D E-M10」の後継モデル。ボディー内手ぶれ補正機構を5軸補正タイプ(補正効果は約4段分)に改良し、手ぶれによる失敗を減らせるようにした。シャッター音や電子音を消して撮影できる静音モードを追加し、寝ている子どもの表情や演奏会の模様も静かに撮影できる。一眼レフよりも小型軽量なのに失敗なく撮りやすいことをアピールし、ファミリー層を中心に売り込む。

Via : オリンパスが「E-M10 II」発表、5軸手ぶれ補正と静音撮影に対応した入門機 – 日経トレンディネット

’14年発売のミラーレス機「OM-D E-M10」の後継機種。新たに上位モデルのE-M1やE-M5 Mark II譲りの「VCM式5軸手ブレ補正機構」をボディ内に搭載した。縦・横2方向の角度ブレに加え、回転ブレ、水平・垂直方向のシフトブレに対応し、シャッタースピード4段分の補正を実現。手ブレの影響が出やすい夜景撮影やマクロ撮影などで威力を発揮する。動画撮影でも利用でき、三脚無しの手持ち撮影でも安定して撮影可能。高品質な“OM-D Movie”を楽しめるとする。

Via : 5軸手ブレ補正で動画も撮れる「OM-D E-M10 Mark II」 – AV Watch

2014年2月に発売された「OM-D E-M10」の後継モデル。同社「OM-D」シリーズのエントリー機に位置づけられる。OM-D E-M10 Mark IIは、フラッグシップ機「OM-D E-M1」と中級機「OM-D E-M5 Mark II」譲りのVCM方式5軸手ぶれ補正機構をエントリー機で初めて搭載。これにより、シャッター速度4段分の補正性能にまで強化した。5軸手ぶれ補正は動画撮影においても有効で、歩く振動やボタン操作で生じるぶれを補正し、滑らかな動きを実現するという。

Via : オリンパス、5軸手ぶれ補正の「OM-D E-M10 Mark II」 | マイナビニュース

2014年2月に発売したミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M10」の後継機種。撮像素子は、有効1605万画素の4/3型Live MOSセンサーを装備した。VCM方式5軸手ぶれ補正機構をエントリーモデルとして初めて搭載し、シャッター速度4段分(CIPA規格準拠、2軸加振時)の強力な補正を行える点が特徴。一般的な一眼レフの手ぶれ補正機構が対応する縦横2方向の角度ぶれに加えて、5軸手ぶれ補正機構は、夜景撮影を妨げる回転ぶれ、マクロ撮影で顕著になる水平垂直2方向のシフトぶれという計5方向のぶれに対応する。

Via : 価格.com – オリンパス、5軸手ぶれ補正のエントリー一眼「OM-D E-M10 MarkII」

キャッシュバックキャンペーンの対象者は、2015年8月26日~11月1日の期間中に対象機種を購入し、11月16日(当日消印有効)までに申し込みを行ったユーザー。

Via : 価格.com – オリンパス、「OM-D E-M10 Mark II」など購入で最大1万円キャッシュバック

2014年2月に発売された「OM-D E-M10」の後継機種で、OM-Dシリーズではエントリー機となる。

Via : ASCII.jp:5軸手ブレ補正を装備したエントリーミラーレス! オリンパス「OM-D E-M10 MarkII」登場

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

 オリンパスカメラケース CS-44SF

 オリンパスカメラケース CS-44SF
価格:4,700円(税込、送料別)

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “オリンパス5軸手ぶれ補正搭載OM-D E-M10 Mark II発表!「毎日使える小型スタイリッシュ一眼。」予約開始!

  • 2015年8月27日 at 10:51 AM
    Permalink

    タッチパッドAF機能はいいですね。別売りのグリップをつけた時の、カメラらしいフォルムが物欲をそそりますね。

    Reply

コメントを残す