スポンサードリンク

ソニーα7R IIのシューティングリポート(PhotoYodobashi)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨドバシカメラのシューティングリポートサイトに、SONY α7Rのレビューが掲載されています。
Zeiss Loxia 50mmレンズや、ライカオールドレンズも使った素晴らしい作例も多数携帯されています。

α7 II、いわゆる「無印」に続いて発売になったSONY α7R IIのシューティングリポートをお届けします。

Via : [PY] フォトヨドバシ SONY α7R II 実写レビュー | photo.yodobashi.com |

  • SONY α8RIIに装着されたレンズ
    • ZEISS Loxia 2/50
    • SEL35F28Z Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA
    • SEL55F18Z Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
    • Leitz Hektor 135mm f/4.5
  • ボディ
    • ボディはα7 IIと違いフルマグネシウム
    • ビューファインダーが倍率0.78倍とかなり見やすくなっている(α7Rは0.71倍)
  • 画質
    • 目の前にある情報は全部取り込む。きっちり解像しつつも、わざとらしさ、目が痛くなるような感じが無い。人間の目が見ているのと同じ感覚。
    • そこに何かある「気配」を捉える
    • 「ISO 102400」で「このぐらいには写るんだ?」と感心
    • ISO 5000はぜんぜん実用範囲内
  • 使用感・まとめ
    • 「画素数が多いことの弊害」なんてものはすっかり忘れて撮影にのめりこんでいる
    • 嘘偽り無く、非常によく出来たカメラ
    • あまりによく出来過ぎていて、少々拍子抜けするぐらい
    • α7/α7Rがから大した時間が経っていないのに、すでにここまで進化していることの凄さ
    • モノの価値というのはプライスタグに書かれた数字や、他の製品との比較だけで決まるものではない

α7RIIは50万円違い価格になりますが、4000万画素のフルサイズで、多くの素晴らしいレンズを堪能出来るカメラとして、その価値を感じる方も多いということですね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.