スポンサードリンク -

世界初フルサイズ“オールデジタルレンジファインダーカメラ”「KONOST FF」が2016年発売される(かも)

Pocket
LINEで送る

Konostというベンチャー?が、独自のフルサイズレンジファインダーカメラの開発をリリースしています。

The Konost FF is a full frame digital rangefinder camera that is currently seeking funding opportunities. The prototype shown has an optical viewfinder with electronic frame-lines and a focusing patch:

Via : Konost FF is a full frame digital rangefinder camera that seeks funding | Photo Rumors

KONOSTのWebサイト

Konost FFのプロモーションビデオ

ビデオを見ると、右手側正面にデジタルレンジファインダーのセンサーがあり、反対側にはファインダーが備わっていますね。

Konost FFの特長やスペック

  • フォーカス、絞り、シャッターという3つのみのシンプルな操作系
  • 革新的なオールデジタルレンジファインダー
    • 光学式のレンジファインダーカメラであるLeica Mのミラー及びプリズム機構の代わりにセカンダリーイメージセンサーを用い、画像処理技術でファインダーに複像を表示する
    • このフルデジタルの仕組によって安価な製造コストを実現し、かつ、キャリブレーション等のメインテナンスが不要となる
  • CMOSIS社製CMV20000イメージセンサー
    • 35mm判フルサイズ
    • 2000万画素
    • 16チャンネル読み出し速度480 Mbps
    • フル解像度で30fpsの動画出力が可能
    • ISO100-6400
  • Mマウント
  • スポット測光
  • シャッタースピード 最高1/4000
  • SDメモリカード
  • RAW/Jpeg形式でのイメージ保存
  • 4インチライブビュー用リアスクリーン
  • アルミニューム合金ボディ
  • フルサイズセンサーを利用したプロトタイプレベルは既に完成
    • Zedboard製イメージキャプチャボード採用
    • Xilinx社製 Zynq SoC/FPGAプロセッサー搭載

デジタルレンジファインダーの見え方

こちらのページで確認出来ます

Konostについて

  • 2011年5月米国コーネル大学のメンバーによって立ち上げ
  • 2011年〜2014年 メンバーは大学卒業後、Intel、IBM、Oracle等の企業で働いていたが、その傍らでプロトタイプカメラを設計し制作
  • 2014年3月 Konost Cameraを立ち上げ
  • 2014年5月 CADモデリングによるメカニカル/インダストリアルデザインを開始
  • 2014年10月 台湾の台北にて実働モデルの設計と開発が完了
  • 2014年11月 実売されているセンサーを用いたKonostフルサイズプロトタイプのテストとチューニングが行われている
  • 現在の製品
    • Konost Development Kit フルサイズ 開発用キット
    • Konost FF フルサイズセンサー レンズ交換式
    • Konost AP APS-C CMOSセンサー レンズ交換式
    • Konost Junior  1インチCMOSセンサー 固定レンズ

各モデルのスペックシート

世界初のデジタルレンジファインダーというコンセプトがとても興味深いですね。

スプリットイメージということですので、ピント合わせが楽しくなりそうです。
しかし、その精度がどれくらいなのか、実際に早く試してみたいですね!
Mマウントのフルサイズということでも、人気になる可能性もありますね!日本での発売が楽しみです。

各メディアの記事

KonostFFは、フルサイズの2,000万画素CMOSセンサーを搭載したモデルで、“M-mount”を採用するレンズ交換式カメラ。世界初の“True Digital Range Finder”(真のデジタルレンジファインダー)を備えるとする。

Via : フルサイズのMマウントデジカメが開発中!? – デジカメ Watch

An American startup is promising to bring a full-frame digital rangefinder camera to market for early 2016. The Konost FF will be a 20MP metal bodied M-mount camera equipped with a 4″ LCD. The company has said that the rangefinder system will operate not with mirrors and prisms, as most rangefinders do, but with twin imaging sensors that overlay their images to produce the same dual image effect in the viewfinder.

Via : Konost full-frame digital rangefinder in the pipeline for 2016: Digital Photography Review

C’est la nouvelle coqueluche du web : Konost, une start-up américaine, promet de commercialiser un boîtier télémétrique numérique et plein format d’ici 2016 !

Via : Konost, un boîtier télémétrique 24×36 en monture M prévu pour 2016

The Konost FF is a full frame digital rangefinder camera that is currently seeking funding opportunities. The prototype shown has an optical viewfinder with electronic frame-lines and a focusing patch:

Via : Konost FF is a full frame digital rangefinder camera that seeks funding | Photo Rumors

There’s a mysterious and intriguing new website online for a startup camera company called Konost. From the looks of it, the team is trying to build a simple yet powerful digital camera that it claims will be “the world’s first true digital rangefinder.”

Via : Konost Hopes to Launch ‘The World’s First True Digital Rangefinder’

The camera isn’t using the traditional mechanical rangefinder but instead one that uses electronics overlayed on an optical viewfinder. At the heart is a 20MP full frame sensor, The body is made from an aluminum alloy and in many ways looks like the Leica T camera.

Via : The Konost FF is a Digital Rangefinder and Could Challenge Leica

LEICA X2 オーナーズガイド

LEICA X2 オーナーズガイド

ハンドメイド
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す