スポンサードリンク

オリンパス OM-D E-M1 Mark IIは特殊な構造の1800万画素センサーを採用する???

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

43rumorsの情報源Simom氏からのE-M1後継機に関して、オリンパスの方と話した内容が伝わって来ているということです。

Our source Simon shared some tidbits about the E-M1 successor. I quote his exact words:

Via : (FT3) Olympus E-Mdr rumors. Has 18 megapixel “geomembrane” sensor. | 43 Rumors

  • E-M1のビデオキャプチャ性能についてのアップデートプランは無い
  • もし競合によってE-M1 Mark IIの投入をプッシュする必要があるとしても、オリンパスは2016年ドイツケルンで開催されるフォトキナに焦点を合わせて来る。
  • 彼らはそれを“ゲームチェンジャー”をもたらすと言う
  • オリンパスは高画素のレースには乗らない
  • 新型センサーは1800万画素で、“ジオメンブレン”(意味不明)と呼ぶ新しい“フォイル”がセンサーに被せられており、1/60秒のうち10段分のハイレゾリューションをもたらす

ジオメンブレンセンサーとはいった何なのでしょうか?43rumoreも解らないということです、、、

ジオメンブレンという用語を検索してみると樹脂製の保護シートがヒットしますので、フォイル(包み)に合致しています。
よって何らかのコーティングが施されていることの揶揄なのでしょうか?

本発明の塗料用組成物が塗装された物品の用途としては、たとえば建築用防水シート、トンネル用防水シート、農業用ビニールシート、農業用ビニールフィルム、養生シート

Via : ジオメンブレンの意味・用法を知る – astamuse

また、E-M1 Mark IIの開発は2016年のフォトキナの集中するということですが、2016年はオリンパスのカメラ80周年にあたる年で、先日もその記念モデルが開発されているという情報もありました。

ということで、2016年にオリンパスは80周年記念モデルとして他社には無いセンサーを搭載するOM-D E-M1 Mark IIを発表する、、、、ということに無理矢理(^^;結び付けてみましたが、どうなるのでしょうか?
E-M1が発売されたのが2013年9月、Mark IIが2016年ならフラッグシップ機としてちょうど3年後ということで妥当だとは思いますが、ただ今回のセンサー情報はあまりにも解らないことが多過ぎますので、まずは話半分ということですね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

3 thoughts on “オリンパス OM-D E-M1 Mark IIは特殊な構造の1800万画素センサーを採用する???

  • 2015年2月25日 at 5:04 PM
    Permalink

    この新型センサーをそのまま解釈すると、防滴仕様のセンサーと言う事になりますけど…。センサーの水洗いが可能なカメラ?(笑)

    話は変わりますが、OM-D E-M5 mk2 の手振れ補正機能に興味津々です。かなり物欲をそそる機種です。

    Reply
    • 2015年2月25日 at 8:27 PM
      Permalink

      詳細は不明ですが、新型センサーは80周年の記念碑的な存在だとすれば、防滴になるセンサーもアリ(^^;かもしれませんね。

      オリンパスの手ブレ補正は最強と言って良いと思いますが、そのマーケッティング的なアピールがちょっと不足しているのも、オリンパスらしいとも思います、、、、

      Reply
  • Pingback:オリンパスは2016年にE-M1 Mark IIとF1.0超大口径単焦点レンズ2本を出す?(43rumores) | YOUのデジタルマニアックス

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.