スポンサードリンク -

APS-Cミラーレスカメラのメリットは超広角レンズ(小原玲(動物写真家)のブログ)

Pocket
LINEで送る

動物写真家の小原玲先生のブログにAPS-Cフォーマットを採用する富士フイルムXシリーズミラーレスカメラのメリットについての解説記事が掲載されています。

Xシリーズを使うようになってからつくづく思うのが超広角レンズの性能が良いことです。

Via : APS-Cのメリット:超広角レンズの性能が良い: 小原玲(動物写真家)のブログ

  • Xシリーズは超広角レンズの性能が良い
  • XF14mmF2.8R、XF10-24mmF4R、Touit12mmF2.8はフルサイズの超広角レンズよりもはるかに性能がいい
  • サムヤンのレンズ35mm換算で18mmでF2はフルサイズにない。もしフルサイズで日本製であったら20万円どころか30万円ぐらいしてもおかしくない

ここ最近、各社が超広角レンズに力を入れていますが、確かにAPS-C以下のフォーマットのレンズの評判が良いようですね!

富士フイルムの場合、解像感の高いローパスレス、そして実績のあるフジノンレンズということですので、確かに広角に強いカメラとレンズの組合せと言って良いかもしれません。

私も旅行で超広角ズームを使ってその魅力に取り憑かれてしまいました。

アザラシの赤ちゃん (文春文庫)

アザラシの赤ちゃん (文春文庫)

小原 玲
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

APS-Cミラーレスカメラのメリットは超広角レンズ(小原玲(動物写真家)のブログ)」への4件のフィードバック

  • 2014年5月17日 @ 11:13 PM
    パーマリンク

    そうなんでしょうか?
    APS-Cのサイズのセンサー向けという理由ではなくてフジノンレンズ等がいいということになると思います。
    私は超広角の使用頻度が高いですが、フルサイズのレンズです。

    返信
    • 2014年6月1日 @ 6:37 PM
      パーマリンク

      コメントありがとうございます。
      私も、某用途でキヤノンのフルサイズ+フィッシュアイ使っていますが、このような広範囲をカバーするレンズラインナップはまだまだミラーレスでは難しいエリアなのかもしれませんね。

      返信
  • 2014年5月20日 @ 9:35 AM
    パーマリンク

    ミラーレス一眼は 従来の一眼レフより「フランジバックが短くできる」だから 広角系レンズの設計がより有利になる。それだけのこと。

    返信
    • 2014年6月1日 @ 6:36 PM
      パーマリンク

      コメントありがとうございます。
      フジはミラーレスの利点を活かしたカメラに専念しているところが凄いですね。

      返信

コメントを残す