スポンサードリンク

Canon 超l広角ズームレンズ2本「EF16-35mm F4L IS USM」と「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」発表

Pocket
LINEで送る

キヤノンが超広角の新ズームレンズ、フルサイズにも対応するLレンズ「EF16-35mm F4L IS USM」およびAPS-C用の「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」を発表しました。

新製品“EF16-35mm F4L IS USM”は、周辺部を含む画面全域での高画質を実現した開放絞り値F4の超広角ズームレンズで、描写性能や操作性、高堅牢性など最高水準の性能を追求したプロフォトグラファー向けの「L(Luxury)レンズ」です。“EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM”は、APS-Cサイズの撮像素子に適した光学系を採用した小型軽量と高画質を両立するエントリークラス向けの超広角ズームレンズです。

Via : キヤノン:EOSシリーズ用超広角ズームレンズ2機種を発売

■EF16-35mm F4L IS USM

製品の特徴

  • レンズ構成 12群16枚
  • 3枚の非球面レンズ
  • UDレンズの採用
  • 絞り羽根枚数 9枚
  • 最短撮影距離 0.28m
  • 最大撮影倍率 0.23倍
  • 最大径×長さ φ82.6mm×112.8mm
  • フィルター径 77mm
  • 質量 615g
  • 防塵防滴
  • フッ素コーティングを最前面・最後面に施す
  • 現行機種の超広角ズームレンズ「EF17-40mm F4L USM」と比較して特に画面周辺部の画質を大幅に向上
  • シャッター速度換算で4段分のIS(手ブレ補正機構)を搭載
  • 希望小売価格 154,000円(ケース・フード付き、税別)
  • 発売日 6月中旬発売予定

製品情報ページ

スペシャルコンテンツページ

作例が数点も掲載されています

■EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

製品の特徴

  • EF-Sレンズ初のIS搭載超広角ズームレンズ
  • 2枚の非球面レンズ
  • 1枚のUDレンズ
  • 高精度大口径プラスチックモールド非球面レンズを採用で小型軽量化と高画質を両立
  • レンズ構成 11群14枚
  • 絞り羽根枚数 7枚
  • 最小絞り 22〜29
  • 最短撮影距離 0.22m
  • 最大撮影倍率 0.15倍
  • フィルター径 67mm
  • 最大径×長さ φ74.6mm×72mm
  • 質量 240g
  • 手ブレ補正効果 4段分
  • 希望小売価格 46,000円(税別)
  • 発売日 6月上旬発売予定

製品情報ページ

スペシャルコンテンツページ

 

LレンズとEF-Sレンズ共に超広角ズームレンズを同時に発表したということは、やはり最近各社広角のズームレンズに力を入れている傾向がある中で、キヤノンの回答ということでしょうか。

個人的に興味があるのはEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMで、古くなってしまった「EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM」より大幅に小型軽量化されていますので、Kiss X7と組み合わせても旅行などのでの超広角撮影が楽しみになりそうです。

各メディアの記事

35mmフルサイズ対応の広角ズームレンズ。4段分の効果を持つ手ブレ補正機構を搭載する。同社では、望遠ズームの「EF 70-200mm F4L IS USM」、標準ズームの「EF 24-70mm F4L IS USM」と組み合わせるIS搭載F4シリーズの1本として位置づけている。

Via : キヤノン、手ブレ補正搭載のEF広角ズーム「EF 16-35mm F4L IS USM」 – デジカメ Watch

35mm判換算16-29mm相当となる広角ズームレンズ。同社のAPS-Cフォーマットに対応するEF-Sレンズの広角ズームは2本目。小型軽量かつ手ブレ補正搭載である点を特徴とする。

Via : キヤノン、小型軽量の広角ズーム「EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM」 – デジカメ Watch

新製品はフルサイズ対応の開放F値 F4通し広角ズームレンズで、2000万画素オーバーが一般的になった現状に即した画質向上が行われており、ガラスモールド非球面レンズ3枚、UDレンズ2枚を含む新開発の光学系(12群16枚構成)を採用することで、既存「EF17-40mm F4L USM」に比べると特に画面周辺部の画質を向上させた。

Via : キヤノン、高画素時代の手ブレ補正搭載 F4 広角Lズーム 「EF16-35mm F4L IS USM」 – ITmedia デジカメプラス

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS」シリーズ用の交換レンズとして、超広角ズームレンズ「EF16-35mm F4L IS USM」と「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」の2機種を発表。「EF16-35mm F4L IS USM」を6月中旬に、「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」を6月上旬より発売する。

Via : 価格.com – キヤノン、LレンズとEF-Sレンズの超広角ズームレンズ

キヤノン EOS 70D 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)

キヤノン EOS 70D 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)

高橋良輔, ハービー・山口, 広田尚敬, GOTO AKI, わたなべもも, チャーリィ古庄, 大和田 良, 福田幸広, 吉田浩章
6,979円(06/25 01:25時点)
発売日: 2013/09/05
Amazonの情報を掲載しています
キヤノン EOS 6D  完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)

キヤノン EOS 6D 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)

高橋 良輔, 田中 達也, 米 美知子, 吉田 浩章
14,444円(06/25 14:00時点)
発売日: 2012/12/25
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “Canon 超l広角ズームレンズ2本「EF16-35mm F4L IS USM」と「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」発表

  • 2014年5月14日 at 1:09 PM
    Permalink

    EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMは良さそうですね。
    EOS Mの10-22mmも悪くないと思っててEF-Sでも出るんじゃないかと…

    これまではAT-X 116 F2.8の中古でも買ってシグマ17-50mmとF2.8通しにしようかと思ってましたが
    これはグラっときますね。
    動画用にISもあったほうが嬉しいのでコレですかね(笑)

    Reply
    • 2014年5月15日 at 9:46 AM
      Permalink

      予測あたりましたね!
      M2のミーティングの時も、キヤノンがこの画角のズームレンズについて妙にアピールしていましたので、APS-C、Lレンズともに同時に揃えるというのも、今更ながらうなずけました。

      またこのレンズコストパフォーマンスはかなりのものですね。
      製作者の方にとってはEOS 70Dでも使えるのも意味があるということですね。

      Reply

コメントを残す