スポンサードリンク

小原玲先生のアザラシ撮影用機材は富士フイルムXミラーレスカメラ

Pocket
LINEで送る

動物写真家の小原玲先生のブログにアザラシ撮影に持っていく機材が公開されています

ちょうど質問があったのと、私もそろそろ準備を考え出す時期なので記事にしました。次の海外撮影取材(カナダのアザラシの赤ちゃん)に持って行く機材の予定案です。飛行機の機内持ち込みは1つにして身軽にするつもりです。バッグはDONKE F2の予定です。

Via : カナダのアザラシ取材に持って行くカメラ: 小原玲(動物写真家)のブログ

  • バッグはDONKE F2。小型の旅客機でも足下のスペースに入るサイズに
    • ボディ3台、レンズ10本。14,18, 23, 27, 35, 60, 18-55, 16-50, 55-200とBORG71FL
    • 実際の撮影で欠かさないのは14mmF2.8, 35mm/F1.4+NDフィルター, 55-200mm
  • 預け荷物
    • X-A1ホワイト+Wズーム
    • XQ1+防水ケース
    • 予備Xボディ2台
    • 最重要レンズの予備XF35, XF55-200
  • XF55-200ズームのAFでアザラシの写真が撮れるので満喫

次の記事では、小原先生が重いプロ用一眼レフカメラから、富士フイルムXボディに一気に乗り換えた経緯と理由を説明されています。

昨日の取材荷物についての記事が反響があったので、もう少し追加します。

Via : アザラシ撮影の機材準備について: 小原玲(動物写真家)のブログ

  • 一眼レフで取材していた頃のパッキングはとても大変だった
  • 機材を売って購入したのがX-Pro1と3本のレンズ
  • X-Pro1
    • 操作も面倒だし書き込みがえらく遅くストレスが溜まった
    • しかし拡大画像を見た時にすべてのストレスが消えた「写っている」この実感が強い
    • 一眼レフで撮った写真はがっかりすることが多い
  • 2012年、2013年の、望遠はMFだったが今回からXF50-200mmでAFで撮れる
  • XF55-200mmは、アポゾナーに匹敵する素晴らしい描写のレンズ
  • ちょっと足りない時にはXC50-230mm
  • XF56mmF1.2RもXF35mmF1.4R、XF23mmF1.4Rに続く、第3の「魔法のレンズ」になりそうな予感

ミラーレスでなければ撮れない写真もあるということが良く判る生地ですね!

フルサイズを使われていた小原先生の要求に答えることが出来た富士フイルムのXボディとフジノンXF/XCレンズも素晴らしいですね!

アザラシの赤ちゃん (文春文庫)

アザラシの赤ちゃん (文春文庫)

小原 玲
発売日: 2011/07/08
Amazonの情報を掲載しています
流氷の物語―アザラシの赤ちゃん

流氷の物語―アザラシの赤ちゃん

小原 玲
発売日: 2007/07/01
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “小原玲先生のアザラシ撮影用機材は富士フイルムXミラーレスカメラ

  • 2014年1月19日 at 2:07 PM
    Permalink

    あんなに機材を持っていけば ちっとも軽くはないだろうに…結局カメラの信頼性がNCに及ばないってことだ。

    Reply
    • 2014年1月19日 at 6:40 PM
      Permalink

      確かに、防塵防滴のボディとレンズが欲しいところですね。

      Reply

コメントを残す