スポンサードリンク

スマホ.v.s.一眼レフ.v.s.銀塩フィルム 画質比較(connect.dpreview)

Pocket
LINEで送る

DPreviewのモバイルフォトグラフ専用サイトconnect.dpreviewで、銀塩フィルムと各世代のデジタル一眼レフカメラ、そして、スマートフォンの画質の比較記事が掲載されています。

こちらは、明い遠景での比

上は較比較ページページですが、上から下に向かって画質が良い順位で並べられています。
画質の比較方法ですが、まず各カメラで出力されたイメージを横方向を5,400ピクセルにそろえます。
縦横比3:2のイメージは約1940万画素相当に、4:3の場合は約2250万画素相当にします。
この時、拡大する場合は「バイキュービック法(ディーテール保持)」、縮小する時は「バイキュービック法(シャープ)」を指定。
そして、センター部と、周辺部をそれぞれ等倍切り出しするという方法で比較されています。
ちなみに、一眼レフカメラの場合、絞りはf/8に統一されているようです。

その結果(下に行くほど画質が良い)

  1. Fuji Velvia 50 Nikon FM2, Nikon 17-35mm f/2.8 , JPEG撮出
  2. Canon EOS 10D (2003年) f/8,EF 16-35 f/2.8L II, JPEG撮出
  3. iPhone 5s
  4. Canon EOS 20D (2004年),EF 16-35 f/2.8L II, JPEG撮出
  5. Canon EOS 30D (2006年),EF 16-35 f/2.8L II, JPEG撮出
  6. Canon EOS 40D (2007年),EF 16-35 f/2.8L II, JPEG撮出
  7. Canon EOS 40D (2007年),EF-S 18-55mm, JPEG撮出
  8. Canon EOS 40D (2007年),EF 16-35 f/2.8L,RAW現像
  9. Nokia Lumia 1020
  10. Nikon D800 (2012年) , NIkon 17-35mm f/2.8, JPEG撮出

ということで、明るい場所で無限遠という条件ですが、iPhoneでも銀塩フィルム並以上の写真が取れていること、(但し、銀塩フィルムはデジタルスキャンされていますので完全に公平な比較では無いとは思いますが)

更に、4000万画素のNokia Lumia 1020においては、なんと5年前のAPS-C一眼レフカメラとLレンズ以上の解像度で撮れているのが凄いですね!

次に、暗所での比較ページがアップされており、、、、

各カメラはISO1000〜ISO3000以上の高感度、フィルムはFuji Superia 1600で比較されていますが、こちらはやはり最新の一眼レフカメラが圧倒的な性能という結果ですが、それでも銀塩フィルム(デジタル化した等倍比較では)が不利なようです。

こちらは、DxOのセンサー性能比較総合値を年代別に並べたグラフ

DxOセンサー比較では、デジタルカメラとスマートフォンを同じ評価点数で比較していませんので、同じグラフ上で画質の比較は出来ませんが、注目すべきなのは、一眼レフカメラが10年以上掛けて少しずつセンサー性能を向上させて来たのに対して、スマホの方は、たった3年の間に急激に性能を向上させているという事実です。

昨年はスマホがコンパクトデジタルカメラに侵食していることが話題になりましたが、今回の画質評価と上のグラフが示す通り今後はその脅威も、一眼カメラの市場まで影響して行くと考えて良さそうですね。

ていうか、Windows Phone、有効約3800万画素1/1.3インチセンサー、Carl Zeiss Tessarレンズ、500万画素でオーバサンプリング処理、という素晴らしいスペックのNokia Lumia 1020どこかのキャリアから発売して下さい!w

SIMフリー判なら買えるようですが、、、なんと、エクストラバッテリー+カメラ風グリップというオプションがあるようで欲しい!;;;^^)


Lumia 1020 Nokia 専用ソフト保護ケースと液晶保護フィルム セット ホワイト

Lumia 1020 Nokia 専用ソフト保護ケースと液晶保護フィルム セット ホワイト

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す