スポンサードリンク

デジカメ冬の時代到来(毎日新聞)

Pocket
LINEで送る

毎日新聞のウェブサイト2013年12月05日の記事でコンパクト、一眼レフ、ミラーレスとも苦戦しているという状況が解説されています。

デジタルカメラの販売不振が鮮明になっている。小型のコンパクトデジカメや、一眼レフに加え、小型・軽量・高品質をうたうミラーレス一眼も海外ではさえない。

Via : デジカメ:冬の時代…ミラーレス一眼も海外では不人気- 毎日新聞

  • デジタルカメラの販売不振が鮮明
  • 中国の景気減速や欧州の不況長期化
  • ミラーレス一眼も海外ではさえない
    • 欧州ではレンズ交換式の約1割にとどまる
    • 中国は「大きいほど良い」という価値観
    • 欧米では手が大きい人が多く、操作しづらいケースもある
    • ミラーレスの出荷台数が前年同期を上回っているのは日本だけ
  • 1〜10月のの世界出荷台数
    • ミラーレス前年同期比16.5%減の254万台
    • 一眼レフは15.8%減
    • コンパクトは43.2%減
  • スマホのカメラと競合するコンパクトはさらに厳しい
  • 一眼レフに強みを持つキヤノン、ニコンは13年度の目標販売台数を2度下方修正
  • 各社とも浮上の糸口をつかみかねている。

今後、各社の競争が激しくなることが予測出来ますが、それが良い製品作りに反映されれば良いと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “デジカメ冬の時代到来(毎日新聞)

  • 2013年12月6日 at 4:46 PM
    Permalink

    既存の需要は一巡でしょうか。今後は供給サイドからアプローチしないと、新規の需要は発生しないですね。供給サイドのメーカーと言えばソニー。α7海外でも評判いいようですし、期待しています。

    Reply

コメントを残す