スポンサードリンク -

2020年東京オリンピックは家庭でも8Kテレビで鑑賞している筈(BCNランキング)

Pocket
LINEで送る

東京オリンピックの前に誰でも8K/4Kテレビで鑑賞が可能になるということです。

総務省などによれば4K/8K放送は、今年度中に試験放送を行う計画で、来年には4Kの本放送がスタートする予定だ。その2年後の2016年には、スーパーハイビジョンと呼ばれる超高精細映像の8Kによる本放送を開始。東京オリンピックが開催される20年には誰でも4K/8K放送を視聴できるよう、4K/8K対応テレビの普及を含めて視聴環境を整える計画になっている。

Via : 【CEATEC JAPAN 2013】東京オリンピックは8Kの超高精細映像で、NHKやスカパーJASTらがPR

8Kを画素数として表現すれば、7680×4320≒3317万画素ということですので、現時点での多くのデジタルカメラではご家庭用のテレビで静止画を表示する場合でも画素数不足ということになりますね。

となると東京オリンピックの7年後、スチルカメラはやはり6000万画素とか1億画素になっているんでしょうか?

フルハイビジョンの16倍の解像度となる「スーパーハイビジョン」は、2020年にも本放送開始を目指す。だが十分な番組コンテンツがそろうのか、視聴者がそこまで高画質な番組を見たがるか、など不透明な部分も残されている。

Via : スーパーハイビジョン「8K」2020年放送開始 消費者「テレビまた買い替えか」の冷たい反応 : J-CASTニュース

【送料無料】ニコン D800 ボディお一人様1台限り

【送料無料】ニコン D800 ボディお一人様1台限り
価格:236,640円(税込、送料込)

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す