スポンサードリンク

ハッセルブラッドLunarにはがっかり?(photorumors)

Pocket
LINEで送る

Hasselblad Lunarはソニー NEX-7(あるいはその後継機)をベース、最上級のマテリアルを外観に採用したのが特徴となる超高級ミラーレスカメラですが、その発売前に意外な反応が出ています。

A quick update to my post from yesterday – long time reader genotypewriter also had the chance to play with the new Hasselblad Lunar mirrorless camera. Y

Via : Another Hasselblad Lunar hands-on report: “the camera immediately becomes disappointing in terms of its finish” | Photo Rumors

Moving on to more serious things, the camera immediately becomes dissapointing in terms of its finish. This particular model felt very plastic-like all over. To make things worse, they have chosen the most plastic and rubber-like materials for the knobs. The text written on the knobs did not look good upon close inspection too. Now, if you should bring something up to your eye and attempt to admire closely, it should be a luxury item boasting of a supposedly luxury finish like the Lunar.

Via : Hasselblad Lunar Review

  • 外装の仕上について、すぐに落胆することになった
  • 全体にわたってまったくプラスチッキーな感触
  • 更に悪いことには、ノブ類にもプラスチックやラバーのような素材を使っていること
  • ノブに記載されているブランドテキストを見てもあまり良い感じはしない

Lunarの価格は約5,000ユーロ (約 6,500ドル)ということですので、少なくともノブくらいは金属を使ってほしいところですが。。。。

また、アップされている写真を見る限り、グリップラバーの張りに妙なシワが出ているなど、確かにチープ感があります。

流石に製品版ではこのようなことは無いとおもいますが、外観が命のカメラですから、60万円-10万円(NEX-7分)の=50万円分の、スウェーデンの職人気質を感じさせてくれる外装で仕上げたカメラを是非見せてほしいと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “ハッセルブラッドLunarにはがっかり?(photorumors)

コメントを残す