スポンサードリンク

英国でもミラーレスカメラのシェアが高まる(amateurphotographer)

Pocket
LINEで送る

英国でのカメラシェアの情報、GfK Retail and Technology UK調べということです。

The UK photo industry outperformed the rest of the consumer electronics sector in 2012, largely thanks to the continued rise of the compact system camera (CSC).

Via : UK photo industry outperforms market | Amateur Photographer

2011年⇒2012年のデジタル各種目別シェアの変化ですが

  • ミラーレスカメラ(コンパクトシステムカメラ)⇒14%上昇
  • 一眼レフカメラ     ⇒ わずか2%上昇
  • ネオ一眼コンパクト(ブリッジカメラ) ⇒ 5%上昇
  • スーパーズームコンパクト  ⇒ 20%大幅上昇
  • コンパクトデジタルカメラ(P&S) ⇒ 10%のシェア下落

ということで、英国でもミラーレスカメラの人気が高まり拡大方向に向かっていること、コンパクトデジタルカメラは高倍率ズームレンズを搭載したカメラが人気ということですね。

一方で、通常のコンパクトデジタルカメラが急激に下落しているのは、スマートフォン所有者が増えているということと関連がありそうですね。(日本のカメラメーカーもそのような分析をしているようです)

これまで、海外ではミラーレスカメラの伸びが緩やか、特に欧州はそのな傾向強かったようですが、そろそろ保守的な地域でもミラーレスカメラが認知されてくる流れなのかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す