スポンサードリンク

AppleやGoogleが「スマートカメラ」を出したら。。。。

Pocket
LINEで送る

DPreviewのテクノロジーコラムニストのAllan Hoffmanさんがアップされた記事。

What will the “smart camera” mean for Apple? Connect contributor Allan Hoffman imagines a few future scenarios.

Via : What the ‘smart camera’ could mean for Apple, and Apple fans: Connect

パーソナルコンピュータ、携帯音楽プレーヤー、携帯電話、タブレットを再定義したアップルの次のターゲットは「カメラ」を想定しているのではという予測です。

この記事の背景といては現状コンシューマの方々は既にiPhoneやAndroidスマホで無線で写真を共有するということが日常的になりつつあり、更に、サムスン、ニコン、ポラロイドがAndroid搭載デジタルカメラに進出しており、今後この流れが加速する可能性があるということです。

Via : もしもAppleが「スマートカメラ」として「iCam」を出すとすれば・・・ | [246]ログ

アップルが「スマートカメラ」として、カメラ業界に参入するシナリオとしては・・・・

■Appleがカメラビジネスに参入するパターン

  • アップルがメジャーカメラメーカーを買収する
  • iPod touchやiPhoneに光学ズームを搭載するなどカメラ性能を更に向上させる
  • カメラに特化し強化した別バージョンの「iPhone camera」や「iPod touch camera」を発表する
  • アップル独自の技術でカメラとスマホを接続する革新的なカメラ用のメモリカードを開発する
  • アップル独自ブランドのハイアマ、プロ向けデジタルカメラを製品化する

■一方で「スマートカメラ」に参入する競合の動きを予測すると

  • AndroidがカメラOSのスタンダードになり、Android写真アプリが主流になる
    ⇒そうなる可能性が高い
  • Googleがカメラを作る
    ⇒失敗をおそれずに出来る企業である
  • マイクロソフトがカメラを作る
    ⇒タブレットに進出したようにカメラにも進出する可能性は充分にある。
  • キヤノン、ニコンが独自のアプリ環境を提供する
    ⇒果たしてスマホの使い勝手を超えることが出来るのか?

ということを予測されています。

結局、冒頭の記事では、まずここ数年でAndroidがカメラOSのスタンダードになり、それに呼応するようにして、アップルやマイクロソフトが参入する下地が整うことが予測されると書かれています。

Kodakの例のようにミラーレス+Androidによってこれまでの一眼レフ並の画質で、ネットに簡単に接続しコミュニケーション出来るカメラもすぐに実現出来る筈です。

アップルのiTunesとiPodの登場によって、店舗形式のCDショップが激減し、iPhoneの登場によって携帯電話ショップの姿が、がらりと変化したように、カメラ売り場も5年後には、カメラ売り場の真ん中でアップルやマイクロソフトのカメラが販売されているかもしれませんね。(今のようなカタチのカメラでは無くなっているかもしれませんし)

【送料無料】アップルvs.グーグル [ 小川浩 ]

【送料無料】アップルvs.グーグル [ 小川浩 ]
価格:767円(税込、送料込)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “AppleやGoogleが「スマートカメラ」を出したら。。。。

  • 2013年2月2日 at 10:57 PM
    Permalink

    個人のライフログを、ひとつのプラットフォーム上に統合するのが、アップルの戦略なのでしょうか? どうも、次は画像のようですね。もしかしたら、ニコンやキャノンのような『カメラ』にはならないのかも知れませんね。

    Reply
    • 2013年2月3日 at 10:03 PM
      Permalink

      iLifeそのものがそういう意味かもしれませんね。
      アップルがカメラを再定義するとすればどのようなモノになるのか楽しみです。

      Reply

コメントを残す