スポンサードリンク

シュナイダー マイクロフォーサーズ用レンズ 14mm f/2.0 Super Angulon発表(43rumors)

Pocket
LINEで送る

噂通り、シュナイダーがマイクロフォーサーズ用レンズ 14mm f/2.0 Super Angulonを発表しました。

このレンズの発売は秋になるようです。
また、AFなのかMFなのかは未だ不明ということですが、f2.0の開放値を持つ換算28mmの広角レンズということで、M.ZUKO 12mmと比較も楽しみですね。

当然価格も気になりますねー

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

5 thoughts on “シュナイダー マイクロフォーサーズ用レンズ 14mm f/2.0 Super Angulon発表(43rumors)

  • 2012年6月14日 at 10:29 PM
    Permalink

    14mmじゃ中途半端じゃない?

    Reply
    • 2012年6月15日 at 11:27 AM
      Permalink

      1本だけじゃなく、今後バリエーションが増えれば良いですね。

      Reply
  • 2012年6月15日 at 5:30 PM
    Permalink

    m4/3プラットフォームに国内外のレンズ資産が集積していくのは、ある意味パナソニック的ですね。VHSやSDカードなど、囲い込み戦略はパナソニックのお家芸ですから。電気自動車の充電規格では、日本は欧米連合に封じ込まれましたが(苦笑)。かように囲い込み戦略の効果は大きいですよね。

    ペンタックス・リコーのように、今後いくつかの陣営に再編されていくと考えれば、カメラ業界の変化はむしろこれから、という事になるのでしょうね。この再編にアップルがどう絡んでくるのか、未知の変数ということでしょうか。

    Reply
    • 2012年6月17日 at 12:26 PM
      Permalink

      ユーザーの方にとって、ライカ、シュナイダー、そして、コシナのフォクトレンダーやツァイスの最新レンズが使えるのは素晴らしいことですね。

      Reply
  • Pingback:シュナイダー・クロイツナッハ100周年(photographyblog) | YOUのデジタルマニアックス dmaniax.com

コメントを残す