スポンサードリンク

RED Scalet-X 発表(photorumors)

Pocket
LINEで送る

REDも新カメラScarlet-X を発表しました。

キヤノン EOS C300より安価で、より高解像度で撮影出来る脅威のカメラです。

The cinema madness continues today – after Lomography and Canon, RED also announced their “new” Scarlet X camera.

Via : RED announces the “new” Scarlet X camera | Photo Rumors

  • 価格 $9750
  • 出荷は11月17日から
  • 4k 動画: 4096×2160, 25FPS,クアッドHD搭載時は 30FPS
  • 3K 48fps
  • 2K 60fps
  • 1K 120fp

 

以下詳細スペックです

  • イメージセンサー:1400万画素  MYSTERIUM-X™
  • ピクセル数 5120 (h) x 2700 (v)
  • ダイナミックレンジ  13.5段, HDRx™技術により最大18段  HDRxオン 5Kで6 fps 4Kで12 fps
  • イメージエリア 27.7mm (h) x 14.6mm (v) = 31.4 mm (対角)
  • レンズマウント キヤノンEFマウント(オプションでPLマウント可能)
  • 最大被写界深度は フルサイズ35mm相当(モーション撮影時)、APS-H相当(静止画)
  • フォーマット
    • 5K FF REDCODE RAW (フルサイズ)
    • 4K HD REDCODE RAW
    • 3K HD REDCODE RAW
    • 1080p REDCODE RAW
    • 1K REDCODE RAW
  • フレームレート 23.98, 24, 25, 29.97, 47.96, 48, 50, 59.97
  • モニター/プログラム出力 HD-SDI 及びHDMI フレームガイド出力  1080p 4:2:2, 720p 4:2:2 SMPTE タイムコード, HANC メタデータ, 24-bit 48Khz オーディオ
  • メディア REDMAG (SSD) モジュール : (64, 128, 256GB メディア)
  • REDCODE™ 16-bit RAW プロセッシング : 圧縮率18:1~3:1
    • 1-12 fps 5K FF
    • 1-30 fps 4K HD
    • 1-48 fps 3K HD
    • 1-60 fps 1080p HD
    • 1-120 fps 1K
  • オーディオ 2チャンネル、非圧縮、24bit、48KHz
  • 4チャンネルオプション、AES/EBUデジタルオーディオ
  • モニターオプション RED LCD 5″ タッチスクリーン
  • 高解像度ビューファインダー BOMB EVF™
  • リモートコントロール REDLINK Wireless, Ethernet, RS232, GPI トリガー
  • 重量 2.3kg(ボディのみ)
  • アルミニューム合金ボディー
  • カラー グレー/ブラック
  • 動作保証温度  0˚C ~40˚C
  • 非動作時保証温度  -20˚C ~50˚C
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

4 thoughts on “RED Scalet-X 発表(photorumors)

  • 2011年11月4日 at 7:26 PM
    Permalink

    Scaretは以前の発表では2/3とS35mmサイズ
    の2タイプでしたがS35mmに一本化したんですかね?
    Scaret2/3専用の8倍ズーム付きがコンパクトでカッコ良かったのに…
    REDは本体が安くても周辺機材と編集等の撮った後が結構な時間とコストなのでキヤノンC300との棲み分けがどうなっていくのか気になりますね。
    しかし無骨なデザインでキヤノンとは違ったカッコ良さですね。

    Reply
    • 2011年11月5日 at 9:15 PM
      Permalink

      当初Scaretは廉価版の位置付けのようでしたが、今回発表されたScaret-xのはEpicの派生モデルのようになりましたね。
      ご指摘の武骨なデザインですが、一眼のようにグリップを付けることも出来、キヤノンにとっては困ったデザインなんでしょうね!w

      Reply
  • 2011年11月6日 at 12:16 AM
    Permalink

    ネット上ではScaret-xがEOS C300を圧倒してますね。
    というかC300のスペックが酷すぎるのが原因ぽい。
    やっぱり2KではシネカメラというよりもTVドラマやPV、CM用って感じで…
    EOS-1Cは少なくともScaret-xと同じ値段にしないと厳しいかもです。
    Scaret-xも撮影出来るキットにすると100万円越えますけど。
    いつの間にかパナAG-AF105が30万円切ってお買い得に見えて来ました(^_^;A

    Reply
    • 2011年11月6日 at 7:15 PM
      Permalink

      コダックがフィルムビジネスから脱却出来なかったように、キヤノンも今後の事業イメージを失敗しないで欲しいですね。
      REDにスペックでは負けていても、結果的にビジネスとして成功させて頂きたいです。
      個人的には、このレベルのカメラを運動会で使うことはなさそうですw
      4K 4:4:4がカンタンになる頃には子供も成長していると思いますので、NEXで頑張りますw

      Reply

コメントを残す