スポンサードリンク

「Google Photo」は「Google+」で運営すると事実上ストレージ無制限?(lifehacker.jp)

Pocket
LINEで送る

PicasaがGoogle Photoに、BloggerがGoogle Blogにリブランドされるという噂が出ていますが、「Google Photo」は「Google+」のアカウントでほぼ無制限に高解像度の写真が格納出来るという噂

Picasaウェブアルバムは、これまで写真やビデオの容量が1GBまで無料で、特定サイズ以下のファイルは、この無料の容量制限にカウントされていませんでした。Google+ユーザーであれば、2048×2048ピクセル以下の画像、15分以内の動画は同じくカウントされません。Google+ユーザーでない場合、画像サイズは800×800ピクセル以下になります(ビデオのサイズは15分以下で変わらず)。

Via : Google+との連携でPicasaウェブアルバムの無料容量が無制限に! : ライフハッカー[日本版]

Larger images uploaded after the storage limit is reached will be automatically resized to 2048px, meaning Google is offering virtually unlimited storage for sharing photos online.

Via : Picasa to be Renamed “Google Photos”, Offer Virtually Unlimited Storage


Picasaは今年、800ピクセルルールというものをアナウンスしていました。
基本的に無料領域は1GBという制限があるものの、800ピクセル以下の写真なら1GBにカウントされないというものです。

それが、今回のアップデートで、2048ピクセルまで無制限に、あるいは1GBを超えたアカウントの写真は自動的に2048ピクセルにリサイズされるということです。

仮にこの情報が事実だとすれば、たとえば、コンパクトデジタルカメラで撮影した4:3の画像の場合、2048×1536≒315万画素相当の写真は無制限に保存出来るということになります。

いまのところ一辺2000ピクセルでもウェブではオーバースペックなので、Google PhotoとGoogle Blogを使えば事実上無制限の写真ブログが運営できるかもしれません。
たとえばカメラレビューサイトなんてこれで写真の容量を気にすること無くなります。

ちなみに「Google+」はGoogleアカウントに対し、Facebookのように実名登録する必要があります。(招待制なんでもう少し待つ必要があるかな)

さて、Flickrどうする!w 私はFlickrの有料会員ですw もちろんPicasaの無料会員でもありますw

ちなみにdmaniax.comに「Google+」ボタンを設置しましたので宜しくお願いいたします!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す