スポンサードリンク

Nikonの一眼レフカメラにソニー以外のセンサーを採用する動き(東洋経済)

Pocket
LINEで送る

ニコンの一眼レフカメラに何と米国アプティナ社Aptina Imaging – Homeのイメージセンサー採用というニュースが流れました。

 想定外の増産に踏み切る決め手となったのが、海外部品メーカーとの取引の開始だ。米アプティナイメージング社から、一眼レフ用撮影素子の供給を受けるもよう。

Via : デジカメ増産のニコン、なぜ海外部品を選んだか(1) | 企業戦略 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン

こちらが現在アプティナが販売出来るAptina Imaging – Home社のAPS-CイメージセンサーMT9H004 のページ。

Built with Aptina™ DR-Pix™ technology, this sensor features exceptionally low noise levels and low-light sensitivity. It achieves superior resolution—delivering CCD image quality (based on SNR and low-light sensitivity)—along with the low cost, low power, high performance, small form factor, and fast time-to-market of CMOS. With very low power consumption and variable functions, including gain, frame rate, and exposure, this sensor outputs high-quality images at high speeds and can be programmed through a simple two-wire serial interface.

Via : Image Sensors – MT9H004 (Preliminary) – Aptina Imaging

スペックはこんな感じ、1600万画素のようです

Optical format: 1.77 Inch (APS-C type)
Active pixels: 4,928 (H) x 3,280 (V)
Pixel size: 4.78 um x 4.78 um
Color filter array: Bayer RGB
Shutter: Electronic Rolling Shutter (ERS)
Reset: Global Reset Release (GRR)
Output Interface: Sub-LVDS x 8 data lanes
324 Mb/s + 2DDR clock lanes 162 MHz with embedded sync codes
Max data rate: 324 Mbps / lane
Master clock: 49.5 MHz
Frame rate: 10.48 fps (at Full Resolution)
Video mode: 1080p30 HD with 2×2 Binning

とうとう、ソニーセンサー以外の選択を行う(かもしれない)ニコン、震災の影響からの脱却、あるいは、ソニーの戦略に引こ込まれないビジネスが可能になるということなんでしょうか?

ちなみに、上の MT9H004 センサーの対象としてミラーレスという言葉もあったりして・・・・ニコンのミラーレスのセンサーに採用されるとかちょっぴり憶測w

それにしても、米国製のイメージセンサーを使うということで、かつてのオリンパスKAFセンサーのように独特の発色を期待したりして、ニコンのカメラを持って無い私は人事(失礼)なのでちょっと楽しみ;;;^^)

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク

Nikonの一眼レフカメラにソニー以外のセンサーを採用する動き(東洋経済)」への1件のフィードバック

コメントを残す