スポンサードリンク -

Kodak がグローバルシャッター2900万画素フルサイズイメージセンサー発表

Pocket
LINEで送る

KODAKから発表された KAI-29050イメージセンサーはフルサイズ、そしてグローバルシャッター構造を採用しているんだそうです


このコダックの新フルサイズイメージセンサーの概要は

  • 完全な電子シャッター(グローバルシャッター)を採用
  • プラグ&プレイデザイン(製品への組み込みが容易)
  • 画素ピッチ5.5ミクロン
  • 秒4コマ
  • 既存のベイヤーセンサーと比較すると2~4倍の感度

ということです。
645Dでは素晴らしい中判のイメージセンサーを供給しているコダックですが、フルサイズではグローバルシャッターという画期的なセンサーを開発してきました。
このセンサーが採用されたフルサイズカメラは発売されることになるのでしょうか?
順当な線では、ライカ、あるいは645D流れでペンタックスが噂に度々出ているフルサイズ一眼レフを出すなら採用するとか・・・
また電子シャッターという構造的にはミラーレスカメラ、たとえばシャッターユニットを組み込むスペースについていろいろ議論されているGXRのレンズ交換ユニットなんかに採用されれば驚くことになりそうですね。(妄想ごめんなさい)

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

Kodak がグローバルシャッター2900万画素フルサイズイメージセンサー発表」への1件のフィードバック

コメントを残す