スポンサードリンク

Canon IXY 30S レビュー:その1

Pocket
LINEで送る

約一ヶ月の間、キヤノンIXY 30Sにかなりお世話になりました。
伊豆で、ブロガーイベントで、ファミリーで、スナップで活躍してくれました。

Canon IXY 30S
IXY30Sはスタイリッシュなコンパクトデジタルカメラの中でも特にデザインと造りの良さはダントツであり、更に画質もトップクラスであることを実感じました。
そして、ブロガーミーティングを通じてIXYとしての集大成なカメラであることを理解しました。

◆カメラはやっぱり画質が命

どんなかっこ良くってもカメラとしての画質が優れていなければその価値は半減です。

特に最近iPhone4やXperiaなど携帯電話の中でもカメラの画質を向上させた製品も登場してきましたので、コンパクトデジタルカメラは増々画質が重要な要素になっていると思います。

IXY30S はコンパクトデジタルカメラとして画質を最優先にした製品ということで、やはりカメラとして購入する価値がある製品であるとと思います。

・自然な色、空の色が良い
スッキリとした色合いです。コンデジの中には彩度を誇張する機種もありますが、IXY30Sはとてもナチュラルな色を再現出来ました。

•高感度画質が良い

これまでのセンサーより高感度が得意な裏面CMOSのカメラの中でも更にトップの高感度性能だと思います。

一眼レフで鍛えられたDIGIC4、そしてキヤノン様謹製f2.0のレンズ性能の組み合わせ最強です。

•ムービーの画質がビデオカメラ並

IXY30Sの動画は家庭用カムコーダに匹敵する画質だと思います。
また動画撮影中でも工学ズーム可能なのも良いと思います。

更に高速&高画質を生かしたハイスピードムービーも搭載、じつはムービー用のカメラとしてもかなりの実力があると思います。

•動画のステレオ録音の音質が良い

IXY30Sのように前面にしかもレンズの左右にステレオマイクを備えるカメラは珍しいのではないでしょうか。

IXYの文字の上あたりに小さい穴が左側のマイク、そしてレンズの向こう側の対象の位置にもう1、マイクの穴が見えます

Canon IXY 30S

最近のコンデジもステレオマイクを採用した機種が増えていますが、その多くは上向きに配置されています。

せっかくハイビジョンで動画撮影出来るのですから、音質も手抜き無しで考えられており、マジメに作られたカメラということを感じました。

◆スーパーカーなボディは凄い

・デザインのテーマは男のスーパーカー。

上下対象、エッジを利かせた局面。

Canon IXY 30S

ブロガーミーティングではデザイナーの方の想いを語るっていただきあましたが、これをコストを度外視してまで忠実に具現化したのは、IXYのフラッグシップモデル、そして20周年の歴史の集大成としてキヤノン様のプライドみたいなものを感じます。

・高級車が拘るのは光線の反射

クルマのデザインの最終判断として大切なのは、ボディへの写り込みをいかに美しく魅せるかということです。

自動車デザイン現場ではリアルタイムレイトレーシングや、超高画質のテクスチャマッピングが急激に進化し、実写と見間違えるクオリティのツールが使われ始めています。

IXY30Sのこの美しいボディへの写り込みが偶然の産物では無く、塗料の素材なども含めてシミュレーションされたものであれば、キヤノン様はこれまで無い画期的なデザインアプローチを取っているでは無いでしょうか。

Canon IXY 30S

・すごいデザインをそのままカタチにするもの作

ボディ面からネジを徹底的に排除したり、コネクタやスロットの配置や形状、材質とその色味などの追い込み、など、その凄いデザインを製品にまで仕上げる設計や製造現場の実力は、自社製、Made in Japanのカメラ作りに徹底的に拘るキヤノンでしか達成出来ない製品かもしれません。

Canon IXY 30S

◆良く考えられた使い勝手

・IXYならでは超シンプルな使い勝手

S90のレンズ廻りのダイアル、やG11のようなカメラ基本操作に対して物理的なダイアルを準備するアプローチなどカメラ好き向けの拘りに対して、IXYは徹底的にシンプルな操作を実現する拘りが伝統であり特徴です。

上面に割り当てられた、動画、カスタム、フルオートのスイッチさえあれば、殆どの撮影で問題ありません。

Canon IXY 30S

感度や、絞り、そして、マクロやフラッシュの操作を殆どカメラ任せでも大丈夫でした。

このシンプルさを実現出来たのはDIGIC4とF2.0レンズによって、あらゆる状況で高画質で撮影出来る実力があったからこそだと思います。

・曲面のボディは意外と持ちやすい

デザインが優先されたカメラの中では、持ち難い、ホールドし難いカメラもありますが、IXY30Sは意外なほど持ちやすく感じました。

Canon IXY 30S

左側の上下対象のラウンドと、適度な厚みが意外に手にフィットします。
そしてIXYの伝統として、必ず左端にあるストロボ、ボディ右側が余裕あるレンズ配置、そして、金属ボディへ施された高品質な塗装がしっとりとしていて滑りにくいというのも気が付きました。

Canon IXY 30S

・もたつくことが無い

IXY30Sあらゆる操作とそのレスポンスが良い。

カメラによっては、レスポンスが良い時と、遅い時のギャップを感じるカメラがありますが、IXY30Sではそんなことありませんでした。

撮影と関係無い時に感じるストレスという面でも気を使っているのも良いカメラを実感する条件では無いでしょうか。

続く・・・・

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す