スポンサードリンク

キヤノンの次世代中級APS-CカメラはEOS 90DとEOS 7D Mark III更に1機種追加か?(CR)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

canonrumorsがCanonの中級APS-Cカメララインナップに関する興味深い記事を掲載しています。

We’re also being told that the APS-C lineup is going to see some kind of a “shake-up” in regards to any EOS 80D and EOS 7D Mark II replacements.
Via : A Shake-up Coming to the APS-C DSLR Lineup? [CR2]

  • 2018年には注目すべき一眼レフカメラは出て来ないだろう
  • 一方で、APS-CのラインナップであるEOS 80DとEOS 7D Mark IIの後継機については何らかの再編が検討されていると言われている
    • EOS 80Dはちょうど2年、EOS 7D Mark IIは9月で4年目を迎える
  • ソースによれば再編成とは、EOS 80D/EOS 7D Mark IIの2兄弟は3種類のカメラに分けられ、EOS 7D Mark IIIがAPS-Cラインナップのトップになる
    • その下に2つのカメラが存在することになるがそのうち1台がEOS 90Dだ
  • EOS RebelとEOS Mシリーズに見られるようにカタログ上により多くの製品を揃える可能性はある

現在の中級ラインナップの実売価格を調べてみると、EOS 9000Dが9万円強、EOS 80Dが9.7万円弱、7D Mark IIIが11.4万円弱と、拮抗しているのに対し、Nikon D500が18万円で販売されていますので、この記事が本当であれば、EOS 7D Mark IIIはより上の価格帯のカメラになるような気がします。

ちなみに、今のキャノンのラインナップは、フルサイズ一眼レフカメラが6機種、APS-C一眼レフカメラが7機種、ミラーレスカメラが4機種、フィルム一眼レフカメラが1機種と合計18機種の大所帯ですが、1機種くらい増えても誤差ということでしょうか(^^;

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す