スポンサードリンク

コダックの新世代の銀塩ムービーカメラ 「KODAK Super 8 Camera」がようやく今年発売へ(AV Watch)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

CES2016でサプライズ?発表したKodakの銀塩8mmフィルムカメラ「KODAK Super 8 Camera」ですが、今年のCES2018でいよいよ発売されることをアナウンスしているということです

Kodakは、8mmフィルムカメラの新機種「Super 8 Camera」について、米国で開催中の「CES 2018」において最新情報を公開した。発売時期は’18年の中頃を予定
Via : Kodakの8mmフィルムカメラ「Super 8 Camera」、’18年の中ごろ発売へ – AV Watch

 

製品情報ページ

スペック

  • フィルム
    • Super 8フォーマット
    • KODAK カートリッジ (15 M)
  • スピード
    • クリスタルシンク (18, 24, 25, 36 FPS)
  • レンズ
    • C-Mount
    • 単焦点 6mm, 1:1.2 – Richo製レンズ
    • マニュアルフォーカス
    • マニュアルアイリス
  • ビューファインダー/メニューディスプレイ
    • 4形TFTパネル ±45度の確度調整可能
  • コントロール
    • ジョグホイール
  • 露出コントロール
    • 内蔵露出計(Kodakの全フィルムに対応)
    • マニュアル露出設定が可能
  • 電源
    • 内蔵バッテリー
    • USB経由での充電

 

プロモーションビデオ

 

発表からもう2年が経過していましたか、、、逆に年が経つのは本当に速いことを実感しています(^^;

価格は2,500~3,000ドル前後ということですが、GH5Sが購入出来るくらいなんですね、、、と少々お高いようですがフィルム撮影を好む方にとっては待望の新カメラとなりそうですね!!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す