スポンサードリンク

撮る刻を切り拓く APS-C “G” キヤノン PowerShot G1 X Mark III 発表!!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

事前の噂通り、CanonからAPS-Cイメージセンサーを搭載するプレミアムコンパクトデジタルカメラ PowerShot G1 X Mark III が発表されました。
発売日は11月下旬、価格は13万円〜14万円あたりということです。

プレスリリース

キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラPowerShot Gシリーズの新製品としてフラッグシップモデル“PowerShot G1 X Mark III”を2017年11月下旬より発売します。
Via : キヤノン:キヤノンのコンパクトカメラで初めてAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載 フラッグシップモデル“PowerShot G1 X Mark III”を発売

製品情報ページ

Canon PowerShot G1 X Mark III
Canon PowerShot G1 X Mark III

主な特徴

  • キヤノンコンパクトカメラ初「約2420万画素 APS-CサイズCMOSセンサー」
  • デュアルピクセルCMOS AFは撮像面の約80%×約80% をカバー
  • フラッグシップとしての風格を追求「デザイン」
  • 広角端10cmのマクロ撮影
  • 光軸の鉛直線上に配置したEVF
  • タッチモニタを利用した、タッチ&ドラックAF
  • マニュアルフォーカス、MF拡大、MFピーキング表示
  • デュアルアクシス電子水準器
  • 14bit RAW記録
  • カメラ内RAW現像
  • 動画撮影時は5軸手ブレ補正、自動水平補正機能
  • Bluetooth®による常時接続のスマホ連携とGPS記録対応
  • USB充電が可能
  • 防塵防滴構造の約399gの「軽量・小型ボディー」

 

主な仕様

  • イメージセンサー
    • APS-Cサイズ CMOS
    • 効画素数/総画素数 約2,420万画素/約2,580万画素
    • デュアルピクセルCMOS AF
  • 映像エンジンDIGIC 7
  • 最高ISO感度25600
  • レンズ
    • 光学ズーム倍率 3倍
    • 換算 24(W)-72mm(T) F2.8(W)-F5.6(T)
    • 構成枚数 8群9枚(両面非球面レンズ3枚、片面非球面レンズ1枚)
    • 9枚羽根絞り
    • 撮影距離 0cm~∞
    • 光学手ブレ補正(IS) 4.0段(テレ端)
    • オートNDフィルター
  • シャッター 1~1/2000秒
  • 連写 AF固定時には最高約9コマ/秒、AF追従時には最高約7コマ/秒
  • ファインダー
    • 電子ビューファインダー
    • 有機EL 約236万ドット
    • アイポイント 約22mm
    • 120fps表示も可能
  • 液晶モニター
    •  3.0型TFTカラー液晶(約104万ドット)
    • バリアングル
    • 静電容量方式 タッチパネル
  • 静止画
    • JPEG(Exif2.3)
    • RAW(14ビット、CR2)
  • 動画
    • MP4[映像:MPEG-4 AVC/H.264、音声:MPEG-4 AAC-LC(ステレオ)]
      • 1920×1080(60fps:約35Mbps/30fps:約24Mbps、24fps:約24Mbps)
    • 5軸手ブレ補正
  • 記録媒体 SD UHS-I
  • Wi-Fi/NFC
  • Bluetooth ver.4.1
  • バッテリー NB-13L
    • 撮影枚数 約200枚(EVF)、約250枚(モニタ)
  • 防塵防滴構造
  • 大きさ(幅・高さ・奥行き) 約115.0×約77.9×約51.4mm
  • 質量(バッテリーおよびメモリーカード含む/本体のみ) 約399g/約375g

APS-Cセンサー採用でEVFやバリアングルタッチ液晶を搭載し、APS-C一眼レフカメラ並の連写性能も備えながら、現行Mark II約553gから399gに大幅に軽量化されたボディが魅力的です。
ただ、価格は13万円台ということで、妥当なお値段だとは思いますが、個人的にはすぐに手がでる価格では無いかとも思います。
もし10万円を切ったならかなり欲しいモードですが、、、、

公式サンプルイメージ

 

各メディアの記事

キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラPowerShot Gシリーズの新製品としてフラッグシップモデル“PowerShot G1 X Mark III”を2017年11月下旬より発売します。
Via : フラッグシップモデル“PowerShot G1 X Mark III”を発売|キヤノン株式会社のプレスリリース

キヤノンは、レンズ一体型カメラ「PowerShot G1 X Mark III」を11月下旬に発売する。キヤノンオンラインショップでの直販は13万7,700円
Via : キヤノン、APS-Cセンサー搭載のズームコンパクト「PowerShot G1 X Mark III」 – デジカメ Watch

これまでの同社コンパクトデジタルカメラの撮像素子は1.5型が最大であったが、新機種ではAPS-Cサイズの大型センサーを採用。それでいて本体サイズは従来機種から大幅な小型・軽量化を実現している。
Via : ASCII.jp:キヤノン初のAPS-C高級コンデジ「PowerShot G1 X Mark III」が11月発売に

2014年3月に発売した「PowerShot G1 X Mark II」の後継と位置づけるモデル。有効約2420万画素、約22.3×14.9mmのAPS-CサイズCMOSセンサーを、キヤノンのコンパクトカメラとして初めて搭載した。
Via : 価格.com – キヤノン、重量399gのAPS-Cコンデジ「PowerShot G1 X Mark III」

このAPS-Cセンサーは、一眼レフ中級機の「EOS 80D」やミラーレス最上位機の「EOS M5」などと同等のもの。さらに、高感度性能や被写体検出性能を高めた画像処理エンジン「DIGIC 7」や、あらゆるシーンで高速な像面位相差AFが働く「デュアルピクセルCMOS AF」を採用した点においても、EOS 80D、EOS M5などと肩を並べている。
Via : キヤノン、APS-Cセンサー搭載コンデジ「PowerShot G1 X Mark III」 – エキサイトニュース(1/2)

本体サイズは幅115×奥行き51.4×高さ77.9mmで重量は399g。ちなみに、従来機の「G1 X MarkII」は幅116.3×奥行き74×高さ66.2mmで重量は553gだ。
Via : キヤノン初のAPS-C高級コンデジ「PowerShot G1 X Mark III」が11月発売に – 週刊アスキー

新製品は、「PowerShot G1 X Mark II」(2014年3月発売)の後継機種として、本格的な写真表現を求めるユーザー向けに開発されたレンズ一体型カメラです。APS-CサイズのCMOSセンサー、大口径ズームレンズ、映像エンジンDIGIC 7の連携により、軽量コンパクトボディーながらフラッグシップモデルにふさわしい高画質を実現しています。
Via : フラッグシップモデル“PowerShot G1 X Mark III”を発売:時事ドットコム

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

re
関連コンテンツ
楽天トラベル

One thought on “撮る刻を切り拓く APS-C “G” キヤノン PowerShot G1 X Mark III 発表!!

コメントを残す