スポンサードリンク

キヤノンがEF 200-600mm Lレンズを開発中?(CW)

Pocket
LINEで送る

先日canonrumorsがEF 24-70mm f/2.8L ISの開発が進められているという情報を流ましたが、今度はcanonwatchがEF 200-600mm のLレンズを開発中であるという情報を掲載しました。

We got word Canon is working on a new “L”-grade telephoto lens. The new telephoto lens may be something in the 200-600mm range, with apertures not wider than f/4 nd likely not constant over the zoom range.
Via : Canon developing a new “L”-grade telephoto lens (200-600mm)? – CanonWatch

  • 新“L”レンズの開発を続けているという情報を受け取った。
  • 新望遠レンズは200-600mmレンジのようなものになり、開放値はf/4より明るくなることは無く、ズーム全領域でコンスタントでもない。
  • キヤノンはEF70-300mm F4-5.6L IS USMや、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM等、Lレンズの中に多くの強力なズームレンズを揃えている、
  • よってEF 200-600mm レンズがCanonに必要となるだろう、SIGMAとTAMRONは既にそのようなセグメントのレンズを出しており、Canonと互換性を持っている。

この200-600mmというレンズの噂ですが、昨年canonrumorsも話題に出しています。

SIGMAやTAMRONの150-600mmレンズは評判が良いので、キヤノンも黙認出来ないという感じでしょうか?

楽しみですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “キヤノンがEF 200-600mm Lレンズを開発中?(CW)

コメントを残す