スポンサードリンク

富士フイルムの中判カメラは9月19日発表か?価格はHasselblad X1D-50cより2〜3割安い?(MR)

Pocket
LINEで送る

噂になっている富士フイルムの中判カメラの発表日に関する情報が出てきました。

Fuji has a scheduled press conference on September 19. And they will finally show us a prototype of their new medium forma mirrorless system camera.
Via : The new Fuji medium format system camera will be announced on September 19. Comes with three lenses! – mirrorlessrumors

  • FUJIFILMは9月19日にプレスカンファレンスを予定している
  • ついにそこで新中判ミラーレスシステムのプロトタイプを紹介するだろう
  • Hasselblad X1D-50cと最も大きく異るのは、FUJIFILMの方は一眼レフスタイルであるということだ
    • また、FUJIFILMの方が2〜3000ドル安価であるということだ
  • スペック情報
    • 5000万画素のソニー製センサー
    • 出荷は2017年
    • 外観は一眼レフ
    • 2本の単焦点レンズと1本のズームレンズと共に発表される

9月19日発表という情報が本当であれば、20日からドイツのケルンで開催されるフォトキナでお披露目ということですね!
外観は一眼レフスタイルということですのでX-T2のようなエッジの効いたデザインかもしれません。

価格は、Hasselblad X1Dより2〜3000ドル安価ということですが、X1Dの価格は$8995となっています。→こちら
となると、mirrorlessrumorsの予測価格は、7000〜6000ドルということですね。
日本では70万円〜80万円という感じでしょうか?となると実売80〜90万円のPENTAX 645Zよりも安価な可能性があります。
これは期待したいですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “富士フイルムの中判カメラは9月19日発表か?価格はHasselblad X1D-50cより2〜3割安い?(MR)

コメントを残す